皆さん、こんばんは( ΦωΦ )
今日は晴れて過ごしやすい日曜日だったが、後半は段々曇ってきた。
明日は雨とか聞いたが、もし降れば何だか久しぶりの雨のような気もする。
そんな今夜は海編でも📝

この記事だが、写真だけ貼って下書き保存していたのだが、保存した日付は10月の頭だった(笑)Σ(ΦωΦ)
いつかの海、天気は良かった模様。
d0354903_16214773.jpg
下書き保存している記事を眺め、どの記事を消化しようかと思っていたのであるが、この海編をすっかり放置していた事に気付いたのだった。
d0354903_16221333.jpg
例えば↑こんな写真を見ても何を書こうとしていたのか記憶に無く、保存した頃の自分はこの写真に何かコメントしたかったんだな...みたいな。
もうそんな記憶あやふやな写真ばかりなので、覚えている事以外はざっと流していきたい(笑)。
紹介し忘れた海絡みの写真も残っているし、それらは出来たら「2018海ダイジェスト版」として来月にやりたいと思っている( ̄m ̄)プッ

寄せる波。
d0354903_16222858.jpg
ざざざざ...
d0354903_16224111.jpg
ばっしゃーん🌊
d0354903_16225337.jpg
もう一丁。
d0354903_16230989.jpg
ざざざざ...
d0354903_16232015.jpg
ばっしゃーん🌊
d0354903_16233281.jpg
「ざざざざ...」の時の臨場感も良いし、「ばっしゃーん」の極まって解放されるようなエネルギーも心地よい。
そういや、この海編ではエネルギーに関する話題を書こうとしていたようで、その話題に纏わる写真が貼られていた(他人事かよ)。

今年は人生初の霜焼けになったのだが、その原因は海であった。
強風吹き晒す真冬の海でビーチコーミングに興じており、手袋が邪魔でしていなかった...という身から出た錆な理由(笑)(´ΦωΦ)
d0354903_16234512.jpg
あれは治るのにめちゃ時間がかかったし、今年は手袋をしようと思っている。
あの「いつかの日本野鳥の会手袋」を海用にしようかな( ̄m ̄)プッ
あの真冬の海の半端ない寒さを思うと今から身が引き締まる思いだが、もう風が砂を巻き上げながら容赦なく吹き付け、大阪湾をふらついているのに気分は日本海である🌊
d0354903_16240076.jpg
そんなに寒けりゃ行くのをよせばいいのに...という話だが、海水は冬が一番美しいのではないかと思うのだ。
海浜植物の様子見的観察やら(地上部はほぼ無いが)、信号も電線も何も無い開放感のなかでの徘徊、四方八方からの潮風は天然のクリアリングでもあり。
ま、冬の海は美しいのだ(笑)( ΦωΦ )フッ

ある時、太陽がとてもエネルギッシュに感じた。
めちゃくちゃ眩しいからよそ見して適当に撮る事はよくあるが、この時は太陽にピントが合ったかのように周りがぼんやりしていた。
d0354903_16241969.jpg
周りだけ古~い写真みたいな気配でユニーク。
その強烈な太陽の光で、オマケに指先の光をば。
d0354903_16242969.jpg
今のスマートフォンのカメラはこれが撮りにくいのだが(レンズの位置的に)、しかしこの日はギラギラしたような光が撮れた。
砂浜には、こんなでっかい木の根が漂着していたりも。
d0354903_16244555.jpg

ある時、海に流れ込む川を眺めていた。
川と海がいよいよ合流する地点は昔から何故かエキサイトするのだが、そこには「どちらでもない柔軟性」とか「どちらでもある可能性」、また「どちらでも良いようなこだわりのない自由」的なエネルギーを感じて吾輩は血が騒ぐのである(〃ω〃)🔥
ここはそんな魅力的なポイントの手前、まだギリギリ川的な場所。
d0354903_16245875.jpg
天気が良くて水がキラキラしており、ちょっとした段差を落ちる水が作る気泡を撮って遊んだりしていた。
d0354903_16250955.jpg

ここにしばらく居るといつも感じる事がある。
川のちょっと上辺りから...それは上流と言うほど上ではないのだが、とにかくそこらから川の流れに乗ってナニカがスーッと近寄ってくるのである(笑)Σ(ΦωΦ)
d0354903_16253165.jpg
感じる気配からするに、それは古く悲しみを含んだエネルギーなのだ。
自然由来と人が混じったような、人なんだけどそれだけでもないような、土地のエネルギーも含んでいるような感じだろうか(大体この街は悲しみのエネルギーを感じる)。
そしてこの時も気配を感じながら無視し、しゃがんで水を撮って遊んでいた吾輩。
もう無視も出来んから立ち上がって移動し、数歩進んでエネルギーを振り切れてない事を知る(笑)。
「わっ、着いてきたでΣ(ΦωΦ)」
d0354903_16260541.jpg
とりあえず開けた場所に移動し、ふと頭に浮かんだ銀龍に
「ちょっとー、このエネルギーいらんから取って~(´ΦωΦ)......(((( ΦωΦ ))))ブルッ」
と依頼して身震いする(笑)。
クリアリングが行われた時、不必要なエネルギーが外れたユニークなサインとして、ゾクッとしたり身震いしたりというものがある。
サインというか反応というか。
この時もすぐ反応があり、
「さんきゅー( ΦωΦ )ノ🐲」
と思いながらまた水辺に近寄る吾輩であった(笑)。

ここは先程の川の一部だが、もう海がすぐそこに迫った地点である。
d0354903_16262899.jpg
何処かで返り咲いていたのだろうか、フジの花みたいな花びらが流れ着いていた。
この頃園でもフジが返り咲いていたので、どっかで咲いたヤマフジが川を流れてきたのかも?
d0354903_16314863.jpg
先程の水辺のエネルギーの話だが、海の街でもこの辺りはそのようなエネルギーをよく感じる。
ある時何となく調べたら、ある二つの勢力が争った場所であったらしかった。
その勢力の違い、時代の違い、争いの規模の違い...など色々あるとしても、日本中にこのようなスポットは点在していると思う。
またこの水辺付近の場合、血筋的に吾輩は片方の勢力と縁があるので、そこらへんに意味があるのかも知れぬ。

d0354903_16263945.jpg
縁がある方、いわゆる「味方」側のエネルギーが寄って来た場合
「おっ、こいつは我々と縁があるな。おい、そんな所で遊んでる場合か( `・ω・)」
とかで、逆に「敵」側のエネルギーだった場合
「むっ、装束は怪しいがこやつは敵の残党ではあるまいか( `・ω・)?」
...とかなんだろうか?
正直迷惑である(笑)。
しかし、そんな彷徨える存在はまだまだおるんやなーと思うし、だからといって寄って来られてもどうにも出来んし、しかし知らんだけで吾輩は落ち武者を数名引き連れて徘徊してるのかも知らん(;゚;ж;゚;)ブッ
時を超えたピクニック...🌳
吾輩の周りでは争いは認めませぬ(笑)( ΦωΦ )✨
d0354903_16264859.jpg
揉める奴は、パワーアニマルのユニコーンの角で尻を突いてもらうからな(笑)🦄
しかし思えばこの一年、どうもそっち絡みの場所ばかりウロウロしてるようなのだ。
海編なのに、吾輩は何の話をしてるんや(笑)。

ある時のハマゴウ。
d0354903_16271018.jpg
セイヨウミツバチが訪問中でありました🐝
ハマゴウの存在に初めて接したのは数年前だが、今年は仲良くなれて嬉しい(*ΦωΦ)
松から射し込む陽射し。
d0354903_16272425.jpg
松林はとても心地よい松のエッセンスを含んだ風が吹き抜けるが、松の若干甘みのあるような爽やかな香りは最高である。
ソーダの気泡がさわさわと弾けるような、どことなくレトロな雰囲気も感じたり。
松林の下草たち。
d0354903_16273458.jpg
猫じゃらし、ピンク系のが可愛らしい。
またいわゆる月見草かな?
d0354903_16274314.jpg
この手はどれも似て感じるし、個人的に同定がややこしいのであった。
そんなある日の海帰り。
d0354903_16275219.jpg

ある時は石を土産に持ち帰った。
d0354903_16280495.jpg
水に濡れている時と乾いた状態では表情は変わるし、濡れている時は海に居た時と同じくイキイキとして見える。
植木鉢のアクセントにしたりして、我が家では土と水とご一緒してもらっている。

そしてある時、台風の際に高潮によりすっかり砂に埋まってしまった波打ち際の辺り。
きっと様々な貝殻も漂着していたのだろうが、とにかく砂に埋もれて地形も変わってしまっていたのだ。
台風後に歩いており無意識にふとしゃがんだ吾輩、手が勝手に動いて足元の石を掘り始めた。
...現れたのは「キラキラ石」だった(;゚;ж;゚;)ブッ
d0354903_16281316.jpg
今まで見付けたなかで一番のサイズ。
出窓に飾っているが、今もよくキラキラしている。
そんな、よく分からん海編であった🌊

アディオス( ΦωΦ )ノ

[PR]
# by tuchinoko-sha | 2018-11-18 21:53 | 海系 | Comments(0)

皆さん、こんばんは( ΦωΦ )
今日は予報では曇だったのだが、ほぼ晴れな感じで得した気分であった(安上りな奴め)。
キラキラと秋の陽射しも眩く、何となく何かが起こるのだろうなという確信じみた気配を感じたりも。
それは個人レベルではなく、皆に対しての出来事のようだが、それが可視・不可視かは抜きにして、後から思うととても美しいと表現出来る...的なニュアンス。
よく分からんながら、自転車で走りながらそんな気配を感じていた吾輩であった(笑)。
そんな今夜は、ちょっと前に記事にした森林公園の余話などを記したい📝
ちょっとしたオマケ的な記事である。

森林公園はとても広いのだが、園内マップ的な地図看板がそこかしこにあるわけではないし、適当に歩いていたら同じ場所をぐるぐるしていたりも(笑)。
もう大体こんなもんかな?と思っていたら何処に続くかも定かではない通路に出て、それは斜面を登る緩やかな長い階段状の道であった。
道を登りきると公園の外の道路に出たのだが、再び街路樹のモミジバフウが目に鮮やかだった。
d0354903_17464551.jpg
これは一際色付いていた木。
d0354903_17465603.jpg

で、道なりに歩いていると大きな神社があるようで、せっかくなので寄ってみようとする。
手水の口は変わっていて竹だった。
d0354903_17471100.jpg
そしてこちらをチラ見して山を登っていく野良犬を見たが、首輪をしていないこの辺りのハウスの犬だったのかも?
しかし「野良!」という雰囲気だったし、もし野良犬だとしたら見かけたのはめちゃくちゃ久しぶりな気がする。
野良猫はそこら辺にゴロゴロしてるのに(笑)。
皆さんも余り野良犬は見かけないのではないだろうか?
神社の本殿のようだった。
d0354903_17472202.jpg
違うルートで神社から出る事にする。
方向音痴のくせにチャレンジャーだが、単に元来た道を戻るのが面白くないというか、億劫だと言いましょうか...(笑)。
d0354903_17473563.jpg

で、別のルートから出ると行きに降りたバス停とは違うバス停があった。
どうやらここを通るバスでも帰れそうだし、とりあえずどっか駅に停まってくれたら何とかなるだろう...というアバウトな事を思う吾輩。
降りたバス停以外に発見したバス停はこれで二つ目だったが、もうここから乗って帰ろうと決めた。
しかし時間表を見て驚く。
この時昼だったのだが、10~14時頃までバスは来ないらしかった(笑)(°д° )エッ…?
吾輩は一体どんな場所に居るのだろうと思ったが、それ以外の時間帯もバスは一時間に一本だけだった。
もうバスが来るなら帰ろうと思っていた吾輩、いきなり二時間近く暇になって困惑する(笑)(´ΦωΦ `)
周りは何も無く、道路にもろくに信号が無いような片田舎的な場所であった。
そんな場所で道に迷うと吾輩は大変な事になるので、変に曲がらないようにバス停からの一本道を彷徨い始めた(笑)。
また神社に出会う。
d0354903_17474930.jpg
小さな森っぽい雰囲気の神社であった。

もう周りには他に何も無いし、ウロウロしても迷う率が上がるだけな気がする。
そんなわけで神社にお邪魔したが、めちゃこじんまりとした神社でお参りもすぐに終わってしまった...(笑)(´ΦωΦ)
木々を見たり、光が美しく感じられるスポットで写真を撮ったりして時間を潰す。
d0354903_17480497.jpg
しかしユニークなエネルギーを感じる神社だったし、何となく再訪しといた方がいいような気がする場所でもあり。
まさに木しか無い空間だったが、森林公園より木々の香りや気配を身近に感じられたような気がしたのだった。
d0354903_17481896.jpg

結局神社でしばらく過ごしたが、特に何をするわけでもなく時間を潰し、半ば放心しながら木々の香りを嗅いでいたのやも知れぬ。
吾輩は日常的に、気付いたら放心しているのであるが、履歴書に「趣味・徘徊 特技・放心」とか書いてみたいわー(笑)( ΦωΦ )✨
で、神社からバス停まで一旦戻り、森林公園の道路からすぐ入った辺りをうろつく。
フジがたくさん生えていたが、ここは初夏美しい眺めが楽しめるかも。
d0354903_17483034.jpg
しかし再びこの場所に辿り着く自信は無い(笑)。
ポツポツとノギクが叢を作っていた。
ノコンギクだろうか。
前のハウスではノコンギクの苔盆栽をやっていたのが懐かしい。
d0354903_17484414.jpg
そしてバスにはまだ早いがバス停に戻ることに。
民家のカキ。
秋らしい眺めであった。
d0354903_17485630.jpg

改めてバス停を見ると、そこには停留所の看板(?)があるわけだが、それが三つくらいあった。
行先の違うバスが三つここを経由する...のでは無く、バスは多分一つしか来ないのに、あの「ここがバス停である」と示している看板が複数あるのだ。
一体どれが本物なのだろうか...(´ΦωΦ `)?
とりあえずベンチと屋根付きの一番立派な看板前に落ち着く事にしたが、ふと気配を感じて振り向くとベンチ裏に猫さんが現れた。
d0354903_17490524.jpg
毛繕い中、ちょっと微妙だがハート型にも見える柄がラブリー。
d0354903_17491794.jpg
天気が良かったし、陽射しが眩しくて暑くて眠たくなってくる。
ニャンコも同じようだった( ̄m ̄)プッ
d0354903_17492765.jpg
バス停前にはめちゃ立派なコスモスが植わっており、それらを見て時間を潰す。
d0354903_17493825.jpg
ようやく来たバスだが、待機していた場所ではなく、雨晒しでちょっとボロボロっぽい看板の前に停車してビビった(笑)Σ(ΦωΦ)
なのでいそいそとそちらに向かい、無事乗車して「降りる時にピッ!」をやり、帰路についた吾輩なのでありました(笑)。

おまけ。
時々前を通る町の神社。
d0354903_17494843.jpg
ある日通りすがりに寄ると、ご神木横のハゼの木がガサガサ揺れており、見るとカラスが一羽何かをしていた。
d0354903_17495824.jpg
どうやら実を食べているようだったが、ナンキンハゼと同じく蝋燭の原料になるのだろうか?
d0354903_17500808.jpg
「美味しいん( ΦωΦ )?」
と思いながら眺めていたのだが、ハゼの紅葉は鳥居の色みたいで美しい。
鮮やかな和の色と言った感じである。
カラスが突っついて落としていたので、幾つか拾って持ち帰ってきた。
d0354903_17501930.jpg
...よく被れなかったなと後から思った(笑)。

神社の近くで目にしたのは、木の下の方に生えていた立派なサクラ葉。
d0354903_17502815.jpg
これはサクラにしたらなかなかのサイズかと。
そしてあちこちでドングリも実っていた。
d0354903_17503765.jpg
そんな実りも、今はころころと落ち葉に混じって地面に秋の彩りを添えている。
d0354903_23332552.jpg
ま、そんな森林公園余話とおまけであった。

アディオス( ΦωΦ )ノ

[PR]
# by tuchinoko-sha | 2018-11-17 23:37 | 雑記系 | Comments(0)

皆さん、こんばんは( ΦωΦ )
この秋は始まりが急にヒンヤリし、その後しばらく暖かめな日が続いたわけだが、また朝晩冷えて参りました。
もう霜月も半ばだし、いよいよ秋のさ中というところだろうか。
紅葉も進みそうだし、サクラやケヤキなどは既に良い色になっている関西であります。
そんな今夜は、この秋の何でもない日常の記録シリーズ5でも📝

ある日、通りすがりの花壇のコキアが色付いてきて美しかった。
d0354903_22292299.jpg
また橋の上で信号待ちをしていてふと横を見たのだが、何と言えばよいのか分からんが、川の壁部分を目にして
「...Σ(ΦωΦ)!?」
と二度見してしまった。
d0354903_22293307.jpg
この壁は結構な斜面だが、何故かパロマが一羽忍者のようにしがみついていた(笑)。
d0354903_22294604.jpg
周りに仲間が居たが、他のパロマは普通に平らな場所にとまったりしており、この個体だけ何となくエキセントリックな感じがしたのであった( 'Θ' )
そして足元に立派なスミレの株が。
d0354903_22295970.jpg
皆さんの街にあるスミレを観察して頂きたいのだが、多分返り咲いている個体が混じっていると思う。

産直に行った時、植木コーナーにて顔っぽいビオラを発見。
d0354903_22301202.jpg
背景のピンボケている花の方が顔みたいだ( ̄m ̄)プッ
またシクラメンもあちこちの花屋に現れて、そんな冬の植物からじわじわ冬の気配を感じたりも。
d0354903_22302485.jpg
ポインセチアも登場していたΣ(ΦωΦ)
d0354903_22305000.jpg
そして産直に来る度にチェックしていたのはサボテンの「紫太陽」だが、無事お買い上げされたようで姿が消えていたε-( ΦωΦ  )ホッ
しかし、「老楽」はまだ居る...。
d0354903_22310103.jpg
何だか痩せてきたような気さえするし、早く誰か買ってあげてくれんか...(笑)(´ΦωΦ)?

そして通りすがりに
「...む( ΦωΦ )?」
と思ったのがこのシダ植物。
隣のビカクシダより気になったのだ。
d0354903_22303720.jpg
似ていると思ったがやはりリュウビンタイで、ソテツやイチョウと同じく恐竜時代から生息する古代植物の一種なのだ。
育つとインパクトのある姿が格好いいのだが、これは大型のシダだから置き場所を選ぶ。
またこんなのをこじんまり育てていても勿体ないし、もはや何がしたいのか分からんような、ある意味「宝の持ち腐れ」的な感じではないかと思う(笑)。
ハウスが広ければ導入してみたいが、残念ながらそんなスペースは無く、またこのリュウビンタイは次に来店した際に無くなっていた。
まあまあレア植物だし、誰か好みが渋いお客さんが入手したに違いない( ΦωΦ )フム
そしてもう一つ、ちょっといいなと思ったのがモンステラの斑入り。
d0354903_22311613.jpg
吾輩は斑入り好きなのだが、この手は大きくなるのが分かっているし、ハウスにはセローム一つで十分なのである。
しかし、やはりいいなとちょっぴり思った(笑)。

植木コーナーの偵察を終え、買って帰った野菜の調理でも。
まず、タカナとキンジソウをば。
d0354903_22312706.jpg
キンジソウは水前寺菜とも呼ばれるみたいだが、風味がドクダミを彷彿とさせるな(笑)。
オーソドックスにうどんや味噌汁に入れたりしたが、色が美しいから鑑賞価値もあると思う。
で、タカナは100円だったのだが、チャック袋を用いて漬物にしてみた。
d0354903_22313741.jpg
ある日の朝餉🍙
d0354903_22314856.jpg
適当に作ったが、市販のタカナの漬物と同じ風味で美味かったです( ̄m ̄)プッ

次は...何だったかな、コレは(笑)(´ΦωΦ)
d0354903_22315992.jpg
ド忘れしたが、確かトレビスだったと思う。
レタスみたいな見た目だが、チコリーの一味でラディッキョ・ロッソ・キオッジャとかいうイタリア野菜らしい。
...この長ったらしい名前は今検索したのだが(笑)。
チコリーは前のハウスでも園でも栽培してたから馴染みがあるが、これも後味ほろ苦な葉野菜で、またこれは食感がユニークであった。
うまい事表現出来んが、何か溶かして漉いたら紙が出来そうだな...と言うような、何故かパルプをイメージしたパルピーな食感であった(;゚;ж;゚;)ブッ
ま、美しい謎の野菜。
まずシンプルに、バルサミコを用いてサラダに。
d0354903_22321257.jpg
またマカロニとオイルサーディンでパスタ料理。
d0354903_22322375.jpg
冷蔵庫にあるものでサラダ二回目。
d0354903_22323571.jpg
なかなか無くならず、しまいにはシチューにも加えてみた。
d0354903_22324565.jpg
火が通ってもパルピーであった(笑)(ΦдΦ)🔥

街のイチョウ。
d0354903_22325887.jpg
これは写真を見直すとなかなか立派な木だが、どこで撮ったのか忘れてしまった(笑)。
吾輩の街では、イチョウの紅葉はもう少~し先...という微妙な色味である。
それでも一時期に比べたら、並べて比較していないから分からないだけで、じわじわと結構黄色くなってきているのだと思う。
落ち葉と草も良い感じ。
d0354903_22330885.jpg
美しい紅色のサクラ葉。
d0354903_22331678.jpg
紅色は子供の頃から好きなのでテンションが上がる。

こちらは明るめでまた良い色だが、ハゼの紅葉と近い色味ではないだろうか。
d0354903_22332459.jpg
あの色は鳥居の色だなーと思う。
案外渋くて好きなのがハナミズキ。
d0354903_21414469.jpg
そして個体差があってバリエーション豊富なカキ。
d0354903_21415389.jpg
カキの葉は黄色や緑がドットになってるものもあって楽しいし、厚くてしっかりとして、何だか落ち葉の中では頼もしさを感じる気もする(笑)。
ケヤキのイエローゴールドも乙なもので。
d0354903_21420191.jpg
今年はサクラ葉を押し葉にして栞代わりにしている。

イエローと言えば、まだ頑張っている待宵草。
d0354903_21420959.jpg
先日自転車で走りながらフェンス越しに空き地のような私有地を見て、冒頭の川パロマのように
「...Σ(ΦωΦ)!?」
と二度見してしまった。
そのフェンスの奥には、なんとヒマワリが一輪咲いていたのであった(ΦдΦ)🌻
もうさすがに花も項垂れていたが、それでもすごいなと思ったのだ。
また暖かさが続いたからか、街ではその辺でホトケノザも開花しているΣ(ΦωΦ)
その他、ボケやオオデマリなどもちらほら返り咲いていた。
しかしこの朝晩のヒンヤリ加減に
「話が違うじゃないか( ;´Д`)」
と植物たちは思っているかも知れない(笑)。
せっかく咲いてもまた寒くなってきて可哀想であるが、やはりこういう子の姿を見付けると「なんちゃってスミレ愛好家」としては嬉しくなってしまうものである(*ΦωΦ)キャ
d0354903_21421730.jpg
端っこに写っている、そんなスミレの花の影でさえ可愛らしいと思うわ(笑)( ΦωΦ )ハハッ
そんな、秋の色々5。

アディオス( ΦωΦ )ノ

[PR]
# by tuchinoko-sha | 2018-11-15 21:39 | 雑記系 | Comments(0)

植物徒然(2018.11月・1)

皆さん、こんばんは( ΦωΦ )
今朝は災害に関する夢を見たのだが、何だかよく分からん感じでもあった。
いきなり揺れて地震にしたらちょっと変わった感じがするなと思ったのだが、その後爆発音のような音がして、辺りを見ると色々と燃えていた。
嬉しくない夢だが、災害に関しては気になることもあり、また最近肩凝りが酷くて毎日のように頭が痛いから夢見も悪かったのやも知れぬ(笑)(´ΦωΦ)
しかし、今日は何だか縁起が良い日とか何とか?
朝からそんな夢で沈みがちなところ、実はハウスでは縁起に絡む出来事もあったのである。
そんな今夜は、吾輩のハウスの植物記事をば📝

あの山由来の何だか分からん植物だが、今日開花して正体が判明したのである。
その正体だが...吾輩は知っていたのだ。
ド忘れしていたのだ(〃ω〃)
まず、開花前の様子。
d0354903_21053634.jpg
このつぼみがどれくらい展開するのか注目していたが、どうもこれ以上大きく膨らんだりしないような気配であった。
ランの一味だと思い込んでいたし、この時期につぼみだからもしや寒蘭とかなら嬉しいなと思っていたが、どうやら全くの別物の模様。
イメージしていたラン系にしたら、どうも花数が多いし一つの花が小さ過ぎる。
で、その後もう一つつぼみが現れ始め、下の花がほころびはじめた。
この姿を見て、
「待てよ...僕、君知ってる気がする...( ΦωΦ )」
と思い始める吾輩(笑)。
d0354903_21054660.jpg

確かに見た事がある。
しかし今までそうだとは思って無かったので、まさかという感じであった。
そして今朝開花。
d0354903_21055945.jpg
その正体はキチジョウソウであった。
...園にもあるねん(;゚;ж;゚;)ブッ
いやー、盲点であった(笑)。
「そうかー、ランはランでもヤブラン系やったかー( ̄m ̄)プッ」
と笑えたのだが、キチジョウソウはヤブランによく似ていると思う。
しかしキチジョウソウもヤブランもラン科ではなく、キジカクシ科の植物なのであるが。
キチジョウソウは「家に植えて咲いたら縁起が良い」という謂れがあるようで、それが吉祥草という名前の由来だそうな。
その謂れの詳しい事が知りたいが、調べても分からなかったので残念。
日本の関東以南、中国に自生する植物だそうな。
別名は吉祥蘭や観音蘭と、これまた縁起が良い。
因みに無臭であった(笑)。

園の株は「園のカーチャン」であるオレンジマダムが育てているのだが、元々オレンジマダムのハウスにあって開花し、縁起が良い山野草だからと園内の林ゾーンに移植。
何やかんやで「園の子」である吾輩のハウスでも咲き、ちょっと笑えたりもする(笑)。
園で植えたキクも「吉祥天」だったし、何か吉祥繋がりを感じたりも( ̄m ̄)プッ
そんなキチジョウソウ、花がユニークである。
下の方の花は雌雄同体。
d0354903_21061221.jpg
まだ下しか咲いてないから比較写真が無いが、上の方に咲く花は雄しべしか無いらしいΣ(ΦωΦ)
という事は、花の数だけ種子はできないという事なのだろうか?
キチジョウソウは赤い実がつくらしいです。
ま、数ヶ月謎だった植物の正体が判明してスッキリ✨
またそれが知ってる植物だったからマヌケな話だが、咲いた花を見ないと判断できないものって案外多いな~と改めて思ったのであった💫

顔っぽくてラブリーな「デルフトブルー」たち。
d0354903_21062686.jpg
オカンに
「アンタ、そんなオッサンの顔みたいなんばっかり植えんと、食べれる草を植えなさいよ(笑)( 'ー`)」
と言われたが、ビオラはエディブルフラワーだが...これはちょっと可哀想である(ノ∀`)
d0354903_21063802.jpg
風で耳がなびくウサギみたいで可愛い(笑)🐰
もう一つは美人な感じ。
d0354903_21065083.jpg
このビオラはちょっと花が大きい。
そして色んなものと同居しているが、食べれる草も混じっている(笑)。
d0354903_21070269.jpg
陽当たりのせいかバジルは全然大きくならず終いだったが、パセリを植えたらヒューケラの「ペパーミント」がしょぼしょぼになってきた気もする...。

隣にもヒューケラ鉢があるが、こちらはじわじわと勢力を拡大してきた「キャラメル」。
d0354903_21071490.jpg
アリウムの球根も植えっ放しだが、ほぼヒューケラ鉢な感じに葉が丸く茂ってきた。
後ろのスミレは別のポットに植えてこのヒューケラ鉢の端っこに乗せているのだが、キャラメルの葉で気付いたら隠れてしまっていたりも。
中も若葉がいっぱい。
d0354903_21072693.jpg
本来なら、もっとゆとりをもって広々と植えてやりたいのであるが。

こちらは去年もらったシクラメン。
d0354903_21073880.jpg
園からのお歳暮みたいなもんだが、鮮やかピンクの株である。
ガーデンではないシクラメンだが、どうも寒かろうがベランダ管理してる方が調子が良い気がして、今年の頭からずっとベランダで管理している。
しかしそうした株は今まで花が遅かったし、この株も来春開花になりそうな気がするが、もはや咲いてくれたら時期は特にこだわらない( ̄m ̄)プッ
こちらは「黒法師」。
d0354903_21074927.jpg
休眠期から目覚め、葉が勢いよく開いてきた気がする。
気付いたら葉の数もじわじわ復活してきていた。

室内組。
誘引中のエバーフレッシュだが、秋に入って成長がものすごくゆっくりになった気がする。
d0354903_21080180.jpg
出窓に小さなエバーフレッシュの株が二つあるのだが、それらも特に動きナシな感じ。
もう少し大きくなったら嫁に出したいのだが。
こちらはグアバ。
d0354903_21081511.jpg
そして発芽と言えばホーリーバジルだが、こちらもかなりマイペースな感じがする。
d0354903_21082784.jpg
ちっとも大きくならない(;゚;ж;゚;)ブッ
しかし、ベランダに出していた分はヨトウムシにやられたようで全滅し、室内組も用意していて良かった。
こちらは大臣のような扱いなのだが(笑)。
そして、密かに室内組に加わったのがレモンバーベナ。
d0354903_21083797.jpg
産直で苗が安かったもんで...つい(〃ω〃)
左側は挿し木したブーゲンビリアだが、吾輩は普通に土に挿す挿し木が下手くそである。
しかし、これは水挿し後に鉢上げしたので成功したのであるが、これもかなりマイペースな育ちであった。
親株はベランダだが、冷えてきたからか落葉気味である。
この辺りなら屋外で冬越しはいけるのだが、どうしようかなーと迷うところだし、結構根も回ってきてて、来春は移植せねばならぬ...と思ったりしているところでもあり( `・ω・)ウーム…

ラストは、美しく咲いてくれたカリオペの「レッドスプラッシュ」。
d0354903_21084742.jpg
何やかんやでゼラニウムはこれ一つになってしまったが、鮮やかに咲いてくれてその色に癒されたりするのであった。

アディオス( ΦωΦ )ノ

[PR]
# by tuchinoko-sha | 2018-11-13 22:41 | 植物&ガーデニング系 | Comments(0)

皆さん、こんばんは( ΦωΦ )
気温はトータルで秋らしく戻っていくのかは不明だが、一時期急に冷えたりしたし、寝具を冬支度っぽくしてしまったので暑くて目覚めたり。
暑いのか冷えるのか、もう何がしたいのか分からんようなこの頃であるが、案外こんな時に体調を崩して風邪ひいたりする人も多そうだし、皆さんもお気をつけあれ。
そんな今夜は、ちょっと前にゲリラ訪問したある森林公園の話題でも📝
森林公園の定義は改めて思うと定かではないが、とりあえず広くて木々だらけな公園なので「森林公園」という事にしておく(笑)。

今のハウスに越して約一年、乗り物移動と言えば人力車の他は専ら電車であった。
で、この日はバス移動デビューをしてみようと思ったのだが、街を走るバスは一つではないし、また沿線や肝心のバス停の場所さえも知らぬ事に改めて気付く有り様であった(〃ω〃)
とりあえずバス停で待っていると「乗り換え案内アプリ」が指示したバスが来たのだが、一本後の情報を見ると行先の名前が違うバスになっていた。
行ったことない場所だし、乗ったことないバス...アプリの情報も何故か胡散臭く感じ始める吾輩。
まごまごしてたらバスは発車し、とりあえず次の便に乗車した(笑)。

バスは前から乗車と後ろから乗車タイプがあるが、多分後ろ(というか真ん中)乗車が多いだろうか。
街のバスは後ろ乗車で、ICカードマシンが乗り口にあったので「ピッ!」とやる。
しかしマシンはうんともすんとも言わず(他の乗客の視線が痛い)、運転手の元まで行き
「あのー、このICカードは使えないんですかね(´ΦωΦ)?」
と、発車しようとしている運転手に絡む(笑)。
「使えますよー、降りる時にカードを使って下さい(˘–˘ )」
と、ちょっと面倒臭そうに答えられる。
「あ、降りる時...はい(´ΦωΦ)ショボ」
知らんねん、初めて乗ってん(笑)( ✧Д✧)
出鼻をくじかれたようで、もう帰宅してもいいかなという気になりかかる(;゚;ж;゚;)ブッ
バスに乗るにも一悶着、しかしとりあえずバスの乗り方をマスター出来た吾輩であった。
降りる時にピッ!なら、何故紛らわしく後ろにもマシンがあるんや( `・ω・)ウーム…
「降りる時ピッ!」は多分料金が一律だからなんだろうが、なら尚更後ろにいらんやろーが(笑)。
ま、そんなバスを降りて歩く。
d0354903_11351505.jpg
何処だ、ここは。
後から知ったのだが、目的地の最寄りバス停は幾つかあるようで、行き先の違うバスが公園の周りを運行しているようだった。
とりあえず近くの公園入口をナビに従って目指すが、街路樹がモミジバフウというのがなかなかのセンスだなと思った🍁
最寄り入口。
d0354903_11353189.jpg
いい感じだったが、ちょっと先にある別の入口もチェックしてみる事にした。
写真右上に入り込んでいた光が美しいと、帰宅してから気付いたのであった( ̄m ̄)プッ

チョイスした入口より。
d0354903_11354733.jpg
ほのぼのとして良いエネルギーだったし、ここから先に進む事に決めた。
通路は橋で、橋の上から左手を見ると釣り人が点在する池が広がっていた。
どうやら釣りOKな池のようだ。
d0354903_11363207.jpg
そして池に視線をやった初めての瞬間、目に入ったのが水面をのんびりと渡る青い宝石。
いきなりのカワセミの登場、何だか歓迎されているような気分になる( ̄m ̄)プッ
本当に美しいブルーだ。
しかし何故か釣り人の傘はダブルであった...既製品を改良した自作かな(笑)?
d0354903_11364503.jpg

...まだ公園入口なのに、ここまで書くのに一時間近く掛かっている事に気付いてビビった(°д° )
蝶が群れていた。
モンシローさんを撮らせてもらう。
d0354903_11361673.jpg
ほのぼのとして、光が明るく柔らか、そして蝶がたくさん素朴な花々を飛び交っている。
妖精でもおりそうやなと思うが、中には腕を折り畳んで草に擬態するかのようなこの方も。
d0354903_11360280.jpg
蝶たちに
「みんなー、潜みマンティスに気を付けてー( ΦωΦ )」
と心の中で注意報を放つ(笑)。
また池にはアオサギのベンヌさんの姿も。
d0354903_11365995.jpg
因みに「ベンヌ」とはフェニックスや鳳凰の元とされるエジプト神話のベンヌだが、アオサギを見ると思い出すので、「アオサギ=ベンヌ」と吾輩のなかでそうなっているのだった(笑)。

ベンヌ池を別アングル。
d0354903_11371469.jpg
水面リフレクションが好きである。
太陽が絶妙ニュアンスだったので、水面を見ると映り込んだ太陽も良い雰囲気であった。
d0354903_11372749.jpg
いつかギャラリーシリーズで、色んな水面に写ったアレコレを並べてみたくもあり。
こちらは明るい水面と植物。
d0354903_11373994.jpg

森林公園ということで、水辺を離れて木々のゾーンを歩む。
d0354903_11375538.jpg
紅葉にはまだ早い時期だったが、紅葉真っ盛りの頃にリベンジしたい場所である。
秋の光が美しい✨
d0354903_11380864.jpg
ついでに、いい雰囲気に感じる場所で「指先の光」を撮って遊ぶ。
d0354903_11382466.jpg
光に関する話題はまた記事にしたいし、写真を下書き保存して放ったらかしたままである(笑)。
野菊が愛らしい。
d0354903_11383825.jpg

また別の池。
d0354903_11384935.jpg
この池はハスやスイレンが咲き乱れれば、ものすごく良い雰囲気になりそうな気がする。
小さいのに、何だかどことなく「浄土」的なニュアンスを感じる部分もあると言うか(笑)。
こちらは一際鮮やかな木。
d0354903_11390214.jpg
立派なイチョウ。
d0354903_11391440.jpg
ツタ絡む木。
d0354903_11392596.jpg
ちょっとヘンリーヅタ的にも見える。
そして、茂みの中で低く咲いていたアザミ。
d0354903_11393788.jpg
周りがキラキラして美しかった。

こういうのは迷う、そんな分岐点。
d0354903_11394853.jpg
春は桜が美しそう、そんな明るく開けた通路。
d0354903_11395926.jpg
広いので当てずっぽうにフラフラ歩んでいたが、ある場所を通りしなに何気に頭上を見た。
これは...もしや...?
d0354903_11401056.jpg
下に落ちていた葉を見る。
もしや...これは...( `・ω・) ウーム…?
d0354903_11402208.jpg
...カツラでは(笑)?
まだ落ち葉も少なく香りも無かったが、数本集まるカツラゾーンだったので、香り始めたら魅惑ゾーンになるだろうと思う(笑)。
皆さんカツラの木の葉の香りをご存知か?
よく「キャラメル」と表現される甘い香りなのだが、落葉して乾いた葉しか香らないのだ。
きっとサクラの葉のクマリン、それが細胞膜が破壊されて初めて香るように、乾燥により何らかの変化が起こって香るのではないだろうか?
因みにその香りだが、吾輩的には「べっこう飴×ほうじ茶」である。
これは譲り難いピッタリな表現だと自分で思っているが、皆さんはどうかな。
...今カツラの幻臭がフワリとして、ちょっぴり幸せな気分になった。
そんな香りなのである(笑)。
関係ないが今さっきカツラの幻臭後、外からハウスの外をオペラの歌らしき歌を歌いながら歩んで行った男性通行人がいたが...イタリア語だろうか。
単なる通行人には勿体ないような、良い声の持ち主なのであった。
「ブラボー( ΦωΦ )ノ」
とベランダから叫びたくなった(笑)。
カツラの香りを感じてコーヒーなんか飲みつつ、そんな音を聞いてみたくなるものである( ̄m ̄)プッ

好きな木。
d0354903_11403361.jpg
ラクウショウであります。
d0354903_11404267.jpg
ラクウショウと言えば、別名がヌマスギ。
水辺に生える事も多々あり、酸素を求めた根っこが地上に出てくる「気根」、それが原生林的にワイルドで格好いいのである。
d0354903_11405289.jpg
またラクウショウの実だが、中にオレンジ色の精油を含んでいるのだ。
これがまたヒノキなどの針葉樹にフレッシュなオレンジを足したような、堪らなくみずみずしい良い香りがするのである。
もうぼちぼち、実が落ちてくる頃かな( ΦωΦ )?

また、歩きながら目に止まった植物を裏側から撮るのも面白い。
d0354903_11410507.jpg
光に透け、普段とは違う表情を見せてくれる。
そんな森林公園徘徊だが、出来たら再訪を狙いたい。
この日の余話写真は下書きしてるし、また適当に記事にしたいと思う。
今年の紅葉は台風の影響でパッとしないかと思っていたが、ダメージ具合は木にもよるし、全体的には鮮やかなのでは?という気さえする。
日本は紅葉の色にバリエーションがあるし、恵まれた情景を味わえる場所だと思う。
皆さんも、お出かけやら身近な場所での秋に触れていただきたい( ΦωΦ )🌰🍂🍁
d0354903_11411578.jpg

アディオス( ΦωΦ )ノ

[PR]
# by tuchinoko-sha | 2018-11-09 23:07 | 雑記系 | Comments(0)

gallery「季節の草花11」

d0354903_22291535.jpg

d0354903_22293129.jpg

d0354903_22295736.jpg

d0354903_22294089.jpg

d0354903_22301398.jpg

d0354903_22302856.jpg

d0354903_22304755.jpg

d0354903_22305980.jpg

d0354903_22312109.jpg

d0354903_22313778.jpg

d0354903_22314624.jpg

d0354903_22315702.jpg

[PR]
# by tuchinoko-sha | 2018-11-08 22:32 | 写真系 | Comments(0)

「poesy」/ 詩

d0354903_21253423.jpg

「秋は夕暮れから」
そんな表題で始まる 君のメッセージが
まるで枕草子か何かみたいで
僕が暫く 書けずにいた間も
君は詩情を感じていたかい?
滔々と流れる
この川のような日々の端々に

d0354903_21322708.jpg

暫く会えていない
最後に会った時は栗を食べ
君に プリンス・オブ・ウェールズ
僕は セイロン
夜の海まで出掛けて
そぞろ歩いたりしてみた
あの後 午後の同じ道を
独り 手を振り振り
歩いてみたりしていたのだよ

d0354903_21371258.jpg

月や星が
日々 目まぐるしく動いている
あの夜は中秋の名月で
雲に覆われて 隠れたり現れたりする月を 
潮風のなか二人して見上げていた
今宵 もはや新月だよ
何もない夜空に潜むのは
真新しい月で
満ち始める 豊穣のエッセンス
この実りの季節に相応しい
なんだか温かな気配さえ 
ここで静かに感じているのだ

d0354903_21432729.jpg

君のメッセージの終わりは
「木々の彩りも君と同じで」
と謎めいた言葉
なんだい どういう事だい?
君の言葉は 僕の詩情をくすぐり
月は真新しくなって 秋も深まり
昼下がりの光は 熾火のように想いを暖める
やはり言葉は
頭の中で引っかかって消えるから
これはリハビリみたいなもんだよ
ちょっと詩情をくすぐられたから
やはり 
黙ってはいられないものなのだよ


また今度紅茶を
秋に相応しい 紅いお茶を
いつもみたいに
木々の彩りのように
僕は君に注ぐよ

d0354903_21594599.jpg

[PR]
# by tuchinoko-sha | 2018-11-07 22:19 | 文芸系 | Comments(0)

皆さん、こんばんは( ΦωΦ )
ここ数日は朝晩の冷えも収まっているが、昼間の屋外ではちょっと動くと暑く感じるし、着るものに困る感じであります。
ま、個人的にその適当な服が無さすぎて余計困るのであるが(笑)。
そんな今夜は、またこの秋の色々でも📝
細かいネタは結構溜まっているのだが、写真整理もまだやってない感じなのである。

ある時、秋の実りをハウスで楽しむ。
d0354903_17100281.jpg
これは第一回目の園由来の収穫で、飾るだけ飾って楽しんだ後、チンキに足したり吾輩のオヤツになったりしたのであった。
こちらは飾り物に。
d0354903_17101574.jpg
良い香りを楽しませてくれたカリンだが、風雨で落ちた園の実り。
ハウスの付近にあるカリンの木を見ると(公園や個人宅)、しっかり実っていて数も多い。
しかし、その一つ一つが園のものよりこじんまりとしたサイズなのだった。
園のは今年、数が少な目で実が大きいやも。

そして温室由来、たまらなく香りが良いハワイアングアバ。
d0354903_17102505.jpg
グアバの一味はバンジロウ系を紹介してきたが、このハワイアングアバ...いつから温室にあったのか定かではない(笑)。
中身はピンクではなかった。
d0354903_17103554.jpg
真ん中の種付近は不思議食感で、表現が難しいがマンゴスチンとかを連想した。
とにかく実っていた時、温室の南国フルーツゾーンに入った瞬間に
「むっ、...素敵( ΦωΦ )!」
と良い香りを察知するくらいにアロマティックであった。
関係ないが、昔からアロマティックという言葉は好きである( ̄m ̄)プッ
...というわけで、温室状態の出窓に食べた実の種を仕込んだポットを配置。
一週間くらいして、夢なのかビジョンだったのかハッキリしないものの、朝起きてしばらくして
「あ、グアバ発芽してたん見たな( ΦωΦ )」
と思い出して確認。
...ほんまに出ていた(;゚;ж;゚;)ブッ
d0354903_21090059.jpg
現在、増えて三つが
「...ふー、太陽の光だ('∀`)✨」
と日光浴しているところ(多分五つは蒔いた)。
誰か欲しい人...お分けしますよ(笑)( ΦωΦ )?
とりあえず園の仲間には持参予定であるが、室内であのグアバの香りを楽しめたら最高だなと思う。

また園の収穫(園様々である)。
今年の紫蘇の穂。
d0354903_17104588.jpg
花後に種が出来てプチプチした食感なのたが、甘辛く佃煮にする分はまた他に除け、この収穫分は何となくパスタに用いてみた。
当初は和風パスタをイメージしていたのだが、何だか疲れて帰宅して
「珍しく濃いものが食べたい( ΦωΦ )!」
と思った吾輩、もう調理も面倒だったので市販カルボナーラソースを買ってきてパスタに和え、その上にガッツリと紫蘇の穂をバラしたものをアレンジして。
d0354903_17105455.jpg
このカルボナーラソースはベーコンがろくに入っておらず、吾輩としては好都合であった(笑)。
そして紫蘇のフレッシュさが案外合うなと思ったし、ブラックペッパーを個人的に増していたから、もはや何がしたいパスタなのかよく分からんのであった(〃ω〃)🍝

以前、フラリと寄った神社の御神木がごちゃごちゃしていてよく分からん...的な事を書いた。
で、また近くを通った際に気になるから確認しに行ったのだった(笑)。
d0354903_17111021.jpg
御神木のクスノキの側から他の木が生えていた。
d0354903_17112088.jpg
裏側から見るとクスノキだが、こちらもひこばえが生えてきており、とにかく1か所から木がいっぱい生えてきている雰囲気(笑)。
d0354903_17113071.jpg
後日談である。
再び観察に赴いたら、手前の木は鮮やかに紅葉し始めていた。
d0354903_21091417.jpg
ハゼかな( ΦωΦ )?
d0354903_21092335.jpg
美しいが、人によっては被れたりするのだろうか?
ま、何がどーなってんのかスッキリした感じであった。

ある日。
用事で書類を鞄に突っ込み、目的地までふらふらよそ見しまくりながら歩む。
風雨で折れたナンキンハゼを発見。
d0354903_17114770.jpg
幾つか鞄に秘め、気の向いた落ち葉など拾いながら先を歩む。
鞄の中から秋の香りがしそうな感じか。
...行き先は警察署であったが、用事を済ませ引き続き大事な書類が入った鞄に猫じゃらしを詰めて歩む(笑)。
d0354903_17120029.jpg
道中、新たにチカラシバも収穫して行く。
d0354903_17121475.jpg
歩いていると、不定期に鞄からチカラシバが飛び出してくるので、その都度指で押し込みながらさらに歩む(笑)。
d0354903_17122637.jpg
最終的に公園のアベリアに絡むへクソカズラの実なんかも収穫し、帰宅してミニスワッグをば( ̄m ̄)プッ
d0354903_17124126.jpg
へクソちゃんがいい仕事をしてくれたが、まだ黄色くなっていなかったので、その後黒くなってしまってしょんぼり(´ΦωΦ)
...時として、そんなよく分からん事をしている吾輩であった(笑)。

突き抜けるような、そんな真っ直ぐな眺め。
d0354903_17125765.jpg
こちらは「騒ぎ」を感じる、朝のパンパスグラスを園より。
d0354903_14260569.jpg
こちらはある日の通りすがり、何だかキラキラして感じられた場所。
d0354903_17130867.jpg
こんな風にキラキラして明るく感じるスポット、
「妖精でもおるんちゃうか( ΦωΦ )フッ」
と思い、最近はそんなスポットを撮るのが面白い。
d0354903_17131897.jpg

こちらは、もう終盤のセイタカさん。
d0354903_14264586.jpg
吾輩の妹の一番好きな植物(花?)はノウゼンカズラで、それが近頃セイタカアワダチソウにチェンジしたらしかった。
どちらも「動物」的気配を感じる(笑)。
で、セイタカさんの絵を描くと言っていたので(妹は絵描き)、吾輩もこちらで目にしたショットを送ったりしていた。
d0354903_14265643.jpg
改めて接すると、味があって良い植物だなと思ったりしたこの秋である。
吾輩は一番好きな植物は選べぬが(笑)( `・ω・)グヌヌ
ま、とりあえずユリとスミレは譲れんか(笑)( ΦωΦ )
町で見たヒイラギモクセイ。
d0354903_14270477.jpg
キンモクセイは愛らしい感じもするが、こちらはスッキリした美人みたいでよろしいな。
また、ふと見かけたいい色のサルビア!
d0354903_14283822.jpg
何セージだろうか。
これは良い色、吾輩の好みである(笑)( ΦωΦ )✨

ある日、もう18年は使ってるのでは...という遮光カーテンをついに新調する事にした。
洗濯する度に縮み、また約一年前に今のハウスに越して来たのだが、今のハウスはそれ迄のハウスより若干窓の高さがあり、寸足らずで真冬にめちゃくちゃ寒かったのだ(笑):;((ɔ°ө°c));:ブルッ
で、ニトリにてオーダーした。
ついでに
「来年、幻ちゃんをこれに( ΦωΦ )✨」
と植木鉢を注文したのだが、カーテンは取り寄せか何かでやけに日数がかかる模様。
植木鉢が先に来たのだが...この梱包はあまりではないか(笑)(´ΦωΦ)?
d0354903_18134778.jpg
この緩衝材の一部で巻き、定形外郵便でもええやん?と言いたくなるが、箱がデカすぎるやろ(笑)!
ニトリって凄い梱包やな...と思った事は前にもあったが、ある意味
「もっと適当でいいから( ΦωΦ )」
と思う。
前なんか、カーテンをレールに引っ掛けるあのクリップみたいなやつ、それが箱に一つ入って届いたのであった。
まるでクリップを殿様のように感じた(笑)(´ΦωΦ)
まぁそんな植木鉢だが、現在の幻ちゃんは冷え込んできたこともあってニット生活を開始( ̄m ̄)プッ
d0354903_21102459.jpg
水やり→水切りにベランダに出張中の風景。
これは去年編んで使い、仕舞っていた幻ちゃんの冬装束であった(笑)🌵

で、肝心のカーテンである。
半月くらい経ってようやく到着。
...思い切った色にしてやった(笑)( ΦωΦ )ヘッヘー
d0354903_21125202.jpg
もう、アレコレ閲覧しながら選んでいたら頭が疲れたのである。
しかし...後2cmくらい長くても良かったかも((´ΦωΦ)
ちきしょー(笑)。
で、確か前記事に書いたハンドクリーム。
ついでに同シリーズのバスソルトも入手。
d0354903_21094481.jpg
風呂に入りながら原材料を見て、合成の香料とか手に入らん物質以外、
「似た感じなら自作できるな...( ΦωΦ )ウム」
と思ったりした(笑)。
よく見たら、バスソルトとハンドクリームのパッケージの猫に違いがあったΣ(ΦωΦ)
d0354903_21095209.jpg
ハンドクリームはテスターを使った時は軽い香りで良かったのだが、テスターの香りが飛んでいたのかも。
新しく開封した品は結構香りが強くてビビったが、ちょっとケミカルながらもラベンダー&カモミールみたいだし、オエッとなる感じではなくて良かった(笑)。
慣れたら
「こんなもんかも( ΦωΦ )?」
で使えてるから良かったが、その後「今年の手荒れの救世主」的存在を発見してしまったのであった。
それはまた、別の機会に(笑)。
ラストはある日見た、可愛らしくもノスタルジックな縁日キャンディス✨
d0354903_17132807.jpg

アディオス( ΦωΦ )ノ

[PR]
# by tuchinoko-sha | 2018-11-05 22:44 | 雑記系 | Comments(0)

皆さん、こんばんは( ΦωΦ )
霜月に入って一つ目の週末、天気も良くて何よりな感じでありましたな。
去年の文化の日は何をしていたのかと思い、スマートフォンのカレンダーを見てみたのだが、丁度今のハウスに越す一週間前でバタバタしていたようだった。
もう前の住処の住所も途中までしか覚えていないし、かと言って今の町の道もろくに覚えていないし、色々とあやふやだなと我ながら思ふ(〃ω〃)
そんな今夜は、ちょっと前の楽しかった徘徊記&後日談でも📝
お友達のmayuさん(←リンク)とショッピングモールデートをしてきたのだが、mayuさんはとっくに記事にしてくれているのに、吾輩はダラダラと今になってしまいまして候(笑)(*ΦωΦ)

この日吾輩は園で作業していたのだが、朝のミーティングで一日のスケジュールを聞く。
いつも課長から一通り報告があり、課長退散後リーダーの江戸っ子による我々のみのふざけたミーティングが再び行われる(笑)。
「えー吾輩、昼ご飯食べたら失敬します( ΦωΦ )ノ」
「えっ、今日は午後から倉庫荷物の運搬、力仕事だろー(´°ω°)?」
「今日は美女と待ち合わせしてるからアカンのであります( ΦωΦ )」
「そうか(ノ∀`)」
みたいな(笑)。
そして張り切って園を出て、待ち合わせに早く着き過ぎた吾輩は、広場に落ちている既に美しく色付いている落ち葉を見ながら
「あれは何の葉やろうか?...ちょっと拾いたいな...しかし荷物が邪魔やな...」
などと脳内でブツブツ言いながらまどろみかけていたのだが、この時点でリュックの中は色々と詰まっていたのであった( ̄m ̄)プッ

合流し、
「前会ったんいつやっけー( ΦωΦ )ハハッ」
とか話しながら、mayuさんカーでまず八百屋に向かう(笑)🚗💨
この八百屋はいい雰囲気で、コーラルビも売ってて楽しくそれぞれ買い物した。
で、それからショッピングモールに移動したのだが、とりあえず精油を見るとかの目的があった。
しかし目に止まった鹿を気に入る我ら。
d0354903_16225249.jpg
落ち着いたニュアンスのビジューに囲まれた、素朴な微笑みをたたえる鹿!
「見て、この膝( ΦωΦ )✨」
とか言いながら、二人して鹿を褒めまくる(笑)。
d0354903_16230503.jpg
値段は余り可愛く無かったが、「クリスマス」とか「秋冬」とか関係無しに、ハウスにあれば年中ディスプレイしておきたいような鹿であったΨ(・ω・ )Ψ
個人的に「鹿」と言えば「ジーザス」である(以前ビジョンで見た)。
吾輩は特に何教でもないしこだわりもないが、ブッダやジーザスも何となく好きだ。
「神!」や「仏!」と言うか、「先輩('∀`)」って感じかな(笑)。
ガルーダは何故かめちゃくちゃ好きなんだがなー。
個性とか性格かなー(笑)。
鹿の横手に光り物✨
d0354903_16232010.jpg
「この店は僕が光り物好きって知ってんのやろか( `・ω・)クッソウ✨」
とか思いつつ、どれも欲しくなって困る。
もう子供の頃から光り物は好きなのだが、それは「好き」と言うより無性に「惹かれる」と言った方が正しいやも。
誘蛾灯に寄る蛾みたいなもんか(笑)。
しかしこの「誘蛾灯」という言葉の響きもレトロだが、光り物に惹かれながら、子供の頃から寺の銅葺き屋根が錆びた古臭い「緑青」などにも惹かれ、それらに何の共通点があるのか不明ながら、それぞれ違う方面に惹かれる...そんな状態を今に至るまで繰り返している(笑)。

その他ドライのミニブーケ。
d0354903_16233665.jpg
そして水耕サボΣ(ΦωΦ)🌵
d0354903_16235180.jpg
また、個人的にはいらんが色彩豊かなアートフラワーたち(笑)。
d0354903_16240451.jpg
もう色々ツボな品が多く、mayuさんと
「めっちゃじっくり見てるけど、改めて思えばまだ一店舗目やったよな(;゚;ж;゚;)ブッ」
「ほんまや(ノ∀`)」
と笑う。
それほど迄にまじまじと物色していた我々であった(笑)。
そして本来の目的の精油、その一つ目のメーカーをチェック。
d0354903_16241977.jpg
ここはちょっと高めだったし、ジュニパーベリーは3000円を越えていたが、爽快感&フルーティーさもあるめっちゃくちゃ良い香りだった( `・ω・) ウーム…

移動。
雑貨とか見ながら、可愛らしい「猫帽」を発見。
まずmayuさん...うちではスタンプを貼っておく( ̄m ̄)プッ
d0354903_16243222.jpg
耳がピシッとして、黒猫的な凛とした頭の具合である。
吾輩も色違いを。
「にゃはっ( ΦωΦ )」
d0354903_16244259.jpg
...耳が離れ、頭も丸く脱力感を感じて笑える(;゚;ж;゚;)ブッ
...猫(´ΦωΦ)??
コスモ猫という事にしておく(笑)( ΦωΦ )✨
...しかし二人共後から写真を見るとこんな種族みたいで面白いし、このまま普通に立ち読みとかスーパーで買い物とかしてみたい。
いきなり猫帽で日常風景に紛れ込む、そんな「猫テロ」とかしてみたいのであった(笑)。
そんななか、mayuさんは遅めランチ。
d0354903_16245589.jpg
吾輩は園でしっかり済ませてきたのでアイスコーヒーをば。

再び徘徊🚶
久しぶりにいいなーと思った、そんなパッケージ&ネーミングのバスソルトとハンドクリーム。
d0354903_16250798.jpg
何がどう...とかハッキリ分からないが、何だかとても「自分っぽい」気がした。
ハンドクリームは手のひらで化粧水になるウォータリング処方らしく、テスターを使うと全くベタベタしないのが気に入った( `・ω・)!
...笑えるが、お互い翌日にこのシリーズのハンドクリームをこっそり買っていたのだった(笑)。
そして雑貨色々。
「これ見てー、いい感じ( ΦωΦ )」
と、ちょっと離れた場所に居るmayuさんにいいなと思った物を見せると、お互いタイプは違うなりにモザイクガラスを手にしていたり(笑)。
d0354903_16251915.jpg
そういうのが何度かあり、いいなと感じるツボが似ていて笑えた( ̄m ̄)プッ
精油はアレコレとチェックし、mayuさんは当初の予定のものを入手。
あの最初にチェックしたジュニパーベリーは良かったな~(´ΦωΦ)
先日コストカットしまくってる安いお店で色々買ったのだが、そこのジュニパーは今一つ好みではない...というか、無難な感じだったのだ。

花屋もチェック。
d0354903_16253162.jpg
好きなシダのブルースターがあったが、良心的価格ながらこの日は諦めて他を鑑賞。
ラン✨
d0354903_16254292.jpg
この子は可愛らしかった。
d0354903_16255561.jpg
参考に価格を見たら良かった(笑)。

後日談✨
mayuさんからお土産色々!
d0354903_16260967.jpg
岩塩や和歌山土産のソックス。
そして和歌山の海由来の貝殻たち🐚
d0354903_16262190.jpg
なんだ、この可愛らしいピンクの貝はΣ(ΦωΦ)
しかも大阪湾ではほぼボロボロ、もしくは小さなものしか見つからないタカラガイの仲間たちがいっぱい(°д°)
地元では「ネコガイ」と呼ぶらしく、そんな嬉しい猫ちゃんがいっぱいなのでありました。

ショッピングモールで買ったのは、長い付き合いのGONESHのスプリングミスト。
d0354903_16263486.jpg
スティックしか売ってなかったので、しゃーなしにこちらを入手。
しかしコーンより香りはしっかりしてる気が...昔からするのだが...どうなんやろうか(笑)?
またリュックから出した物。
d0354903_16264472.jpg
八百屋由来は根菜類とアボカド、そして丸めて突っ込んでいたウコン葉とレモングラス二本。
今年レモングラスが全く元気が無く、いつもみたいに気前よく収穫出来ないのだ。
ウコン葉は今年収穫二度目だが、干したら嵩が減るし配って無くなる感じなのでチマチマ収穫。
こやつも地味に重かった。
d0354903_16265778.jpg
オフィスでうどんこ病対策の為に入手。
その他着替えやら、ディスプレイしたいカリン数個や枝葉とかよく分からん物が色々...(〃ω〃) 

活用してみる色々✨
mayuさんに頂いた岩塩の一部を、大破した貝殻にアレンジ。
d0354903_16270732.jpg
黒いのは森ガールに貰った竹炭セラミックボールだが、この下にWi-Fiのモデムがあるので...(´ΦωΦ)
そして八百屋で買ったレンコンを揚げ焼きし、バルサミコベースでゴマを絡めて。
d0354903_16272098.jpg
調理中にレンコンの穴を見てたら、メキシコのドクロの祭りみたいな、どうにもそんなメキシカンスカルが頭に浮かび、メキシコ土産の皿を使った(笑)💀
また八百屋でmayuさんがお土産にくれたイチジク、その一部を赤ワインを使ってコンポートに。
d0354903_16273190.jpg
ローレル、園由来のレモングラスも一本束ねて香り付けに投入( ΦωΦ )⊃⌒🌿
完成✨
d0354903_16274421.jpg
これはチーズとパンと...必ずや合うに違いないと思った。
バゲットを切って軽く焼き、チーズと共に添えてみた。
しかし、照明の都合で表現したい色が出ない(笑)(・д・)チッ
d0354903_16275700.jpg
...いっその事、ビンテージ風に( ̄m ̄)ププッ
d0354903_16280985.jpg
因みに赤いのは園のザクロです(笑)。
いやー、これはやはりチーズと合ったわ。
何だかブラックペッパーとも合いそうだし、アッサムでも飲みながら...というのも良さそうな。
ま、そんなアレンジでした。

mayuさんが先に記事に書いてくれていて、そのなかでユニークだったからスクリーンショットを撮らせて貰ったのだが。
d0354903_21501363.jpg
...そうや、名前知らんわ(;゚;ж;゚;)ブッ
そんな事すら頭に無かったが、普通に会ったりしてるのが笑える(笑)。
地球ネームはとりあえずどうでもいい、みたいな感じなのかも知らんが、そんなmayuさんとはある場所のフリーマーケットで出会ったのだ。
そのフリーマーケットに出たのは、確か7年振りだったような気がするのだが、何故か
「今年は必ずや出店しなければならんのじゃー!...何故か知らんが必ずやー( ΦωΦ )!」
と思ったのだ。
その年はめちゃくちゃ忙しかったのに(笑)。
で、そのフリーマーケットは毎年開催日が決まっていた気がするが、もしかしたらmayuさんと遭遇したのは二年前の今日かもΣ(ΦωΦ)?
うーむ、早いような遅いような...よく分からん月日の流れであるし、もはやそんな「流れ」はオマケみたいな感じなんかも(笑)?

ま、そんなユニークな出会いから続くmayuさんとの久々デート。mayuさんは可愛らしいマキシワンピースを着ていたが、吾輩はブッダの手のひらがドーン!な怪しいロングTシャツを着ていた(笑)。
翌日洗濯して干していたが、これである。
d0354903_16282308.jpg
何故かこの日、ハウスで撮るもの色々が神々しい雰囲気で楽しかった。
それらはまた、別に雑記に混ぜこみたい✨

アディオス( ΦωΦ )ノ

[PR]
# by tuchinoko-sha | 2018-11-03 22:11 | 雑記系 | Comments(0)

皆さん、今夜二度目のこんばんは( ΦωΦ )
何だか今夜はちょっと書きやすい気がするので、その隙に下書き記事を消化しておこうかと。
先日お友達とショッピングモールを徘徊して面白かったり→後日談とか、そんな事も記事にしたいのだが(既に下書き保存はしているが)。
すっ飛ばしてそっちを先に書こうかと思ったが、何だか何かがちょっと違う気がして、今夜二つ目は地味な秋の色々編2でも(笑)📝

ある日、腕時計の電池が切れた。
切れた日は19日で、どさくさに紛れてそのまま放置していた(その間アウトドア用を装備していた)。
で、先月の19日に
「もう一ヶ月も経ったんかΣ(ΦωΦ)」
と思い、出先の街で適当に目にした商店街の時計屋さんに電池交換を依頼。
これがその時計の裏側だが、どうやって電池交換するのかはそれなりに謎であった。
d0354903_15265335.jpg
「あのー、腕時計の電池交換してもらいたいんですが( ΦωΦ )?」
「見ましょう(・ω・)ノ」
となり、時計を渡す。
そして
「...私には無理です(・ω・`)」
「...Σ(ΦωΦ)!?」
となった(;゚;ж;゚;)ブッ
今までそこら辺の時計屋さんで交換して貰ってたのだが、そういや出来ると即答した人は居なかったかもな?と思い出したのだが、皆さん
「...はい、やりましょう(・∀・)」
みたいにワンクッション置いていた気がする。
なんでもデザイン的にガラスが出ていて傷が付くかも...らしかった。
そこら辺の都合はよく分からんが、逆に「自信が無いからお断りします」という態度は誠実に感じる。
いい仕事をしているお店なのかも知れぬ。
吾輩だって松の盆栽を剪定してくれと持ってこられても
「...無理( ΦωΦ )ニャハ🍄」
と言うだろうなと思うし(笑)。

で、
「この辺で他にそういう店はありますかね( ΦωΦ )?」
と聞いてみたのだが、ちょっと行った先にあるダイエー内に時計と宝飾関係の店があるらしかった。
なので教えて貰ったそちらを目指したのだが、前日めちゃくちゃ眠かったのに何故か寝れず、この日は朝から更に眠かった。
朦朧としながら...と言うか、歩いたりの活動中に時折「中身が何処かへお出かけ」状態を繰り返していた吾輩。
ま、普段からそういうのは良くあるのだが。
で、ダイエーのエスカレーターに乗っている最中に「何処かから戻ってきた」状態となった吾輩、目の前のマネキンを見て
「...ヒッ(ΦдΦ)!!」
とめちゃくちゃビビってしまった(笑)。
d0354903_15272661.jpg
これは帰りにわざわざ撮った一枚である(笑)。
めちゃほのぼのムードなマネキンウーマン...吾輩の意識は何処に旅立っていたか不明だが、「地球の日本の関西の一角のダイエー」に戻ってきてイキナリ目に入り、一気に目が覚めたような驚きであり、
「...ヒッ(ΦдΦ)!!....笑ってはる...!あっ、ここ地球やった...」
という感じであったのだ(笑)。

結局その日、教えて貰った店は多分閉まっていたようで見当たらず、適当にフラフラして帰宅。
帰宅するとテーブルの上に出したままだったマニキュア、その容器の蓋がレインボーに。
この日は出先でユニコーンデザインもよく見た🦄
d0354903_15274135.jpg
いつからか、光を受けている物がレインボーに発光して見える。
それには写真に写るものと写らないものがあり、写るもはとりあえず「視覚的トラブル」のない人は皆同じように見えるのではないかと思う。
吾輩は左右視力の差が大きくて疲れるが、以前は片方が失明する可能性アリとされており、しかし問題の目は何故かいきなり視力が上がったのだった。
よく分からん目だが、その後の検査も特に問題もないし、日々キラキラした光なんかを目にするがヘルシーな模様( ΦωΦ )✨
しかし光っているものが密かにレインボーに見えるし(スロープの金属製手すりや観葉植物の葉、etc)、何だか気分的に
「...(´ΦωΦ)ショボ」
な時でも光に当たってる自分の指がパールピンク系に光ってる姿を確認し、気分は沈んでるのに
「...( ̄m ̄)プッ✨」
と思わず思ってしまうポジティブ効果もあったりするのであった(笑)。
ついでに買った毛糸。
d0354903_15275303.jpg
で、ダメ元で近所の眼鏡屋さんに時計を持って行こうと思った。
ここは眼鏡+ちょっとした目覚まし時計的な小さなお店、吾輩も越して来てから初めての訪問。
しかし入店してパッと見た店主は
「...お主、やるな( `・ω・)」
的雰囲気で、そんな店主は腕時計をパッと見て
「やりましょう(。-`ω´-)!」
と無事交換して貰えたのであった(笑)。
d0354903_15270595.jpg
...ε-( ΦωΦ  )ホッ

ちょっと書き疲れてきた(笑)(ノ∀`)
流しめでいこう。
何時だったか、夜は秋の虫が鳴いていて風情があった。
...気付いたら虫も減ったなΣ(ΦωΦ)!?
で、ある時。
やけに鳴き声が近いなと思っていたのだが、どうやらカネタタキというバッタの一味が室内に紛れ込んでいた模様。
Wikipediaによる。
d0354903_15283934.jpg
小さいくせに、どうやってそんな音を出しているのか、またそのエネルギー源は何なのか、そんなに鳴いて大丈夫なのか!?といちいち疑問に感じていたのだが...。
室内の何処かで鳴いているのは間違いないし、昼間に床を歩いているのを目にしたりも(笑)。
普通にバッタが歩いてるハウスもどーよ...と思ったが、奴らは小さいからちょっとした隙間から入る事があるらしい。
一度目はカネタタキがこちらに気付いて隠れたが、二度目に発見した際は捕獲して無事外に放ち、再び静かな夜が訪れたのであった(笑)ε-( ΦωΦ  )ホッ
ハウスにいられても彼らの食べ物もないし、張り切って鳴いてもメスも居ないしな...みたいな(笑)。
逆によく数日ハウスで生きてたなーと思い、その小さな体に秘められた生命力に感心したのであった✨

全然関係ないが、ある日園の畑でスマートフォンを落とし、ケースが欠けてモニタのガラスフィルムか何かがバキバキに割れたΣ(´ΦωΦ)
園の帰りに携帯ショップに寄ったのだが、特別古すぎるわけでもない我が機種、カバーやケース、フィルムなどの在庫も無いし取り寄せも不可能と言われた。
「じゃ、どうしたらいいんですかね( ΦωΦ )?」
と選択肢をショップ店員に尋ねると、
「電気屋に行けばどうですか('∀`)?」
と言われた。
どことは言わんが、☆社で買った純正アイテムが☆社に無い→電気屋に行け...なわけで、正直ナメてんのかと思ったのだが、吾輩なら
「○○支店には在庫があるみたいです( ΦωΦ )」
とかちょっとは調べ、丸投げという事はしないだろうな...と思った。
たまたま当たった店員が...という話だったのかも知れないが、店員は
「えーっと、だから~○○なので~...」
みたいで、その煮え切らん態度に久しぶりにイラッとして
「もうええわ( ✧Д✧)カッ!!」
「:;(´◦ω◦`);:」
と退店(笑)。
しかしその後、ネットショッピングでめちゃくちゃ安く入手出来たフィルム。
d0354903_15285194.jpg
前より良いかも(笑)。
スマートフォンは皆さん...あの何だアレ...カバーのブックカバーみたいなの(笑)。
あれを使ってる方が多いイメージだが、吾輩は何かあれは好かんのである。
パッと取り出してパッと写真も撮りたいし(笑)。
ま、久々にイラッとしたが、一人の態度でチームや団体のイメージって左右される場合もあるよな~と思ったり、またそれは感じる側の意識の都合にもよるよな~とも思ったり。
しかし結果的に、前より良い物をポイントを使ったりして嬉しい価格で入手出来て何よりであった。

ある日ナビが、交通量の多い道路の信号もない場所を渡れと言い、
「こいつ、吾輩を殺しにかかってんな( ΦωΦ )?」
と思って無視する(笑)。
適当に道を逸れて歩む知らない場所。
d0354903_15290441.jpg
ヒメツルソバが良い感じ。
d0354903_15291404.jpg
帰り道に寄ったスーパーに特設漬物コーナーがあり、ついキュウリのぬか漬けを買う。
d0354903_15293114.jpg
店のオバチャンとやり取りし、
「ぬか漬けはナスはいらん(・∀・)?」
「うん( ΦωΦ )」←素直な奴
たまーに食べたくなるべったら漬とか、その他アレコレと迷って
「奈良漬ちょーだい( ΦωΦ )」
「はいよ(・∀・)」
と漬物を買って帰りました。

...なんかめっちゃ長い事記事を書いている気がするのだが、途中休憩も挟んでいるにも関わらず、いつまで経っても終わりが近付かん気がする(笑)(ΦдΦ)
無駄に記事が長いよな(笑)!?
ある日、落ち葉を拾って帰宅。
d0354903_15294148.jpg
これはクスノキかな?
で、テーダ松に挿した。
d0354903_15295413.jpg
こちらは今年の園のワタ。
d0354903_15301423.jpg
こっちは茶色品種。
d0354903_15302706.jpg
種を森ガールに渡す為によけていたのだ。
モコモコと言えば幻ちゃんだが、ちょっと白を乗せて「綿菓子ダブル」に( ̄m ̄)プッ
d0354903_15300308.jpg
茶色でトリプル( ̄m ̄)ププッ
d0354903_15303961.jpg
ワタはテーダ松に押し込んでおいた。
d0354903_15304971.jpg

何時かの記事に出てきた、土産に頂戴した日本酒。
d0354903_15310050.jpg
ついに粕汁に用いた( ̄m ̄)プッ
d0354903_15311000.jpg
その後いっぱい作ったものは野菜スープで、10種以上の野菜を投入( ΦωΦ )⊃⌒Ο
d0354903_15312017.jpg
終わりにカットトマト、そして気紛れで鍋用に販売されていた鶏ミンチを入れ、なんちゃってビーガンスープとはサヨナラであった(笑)( ΦωΦ )ノ"
d0354903_15312916.jpg
冷ご飯でリゾットとか。
d0354903_15313881.jpg
これは小分けしてカレー→焼きカレーとか、シチュー→ドリアとか色んなバリエーションで楽しみながら食べ切った感じだった。

ある日、ふらりと通りすがりの神社に。
d0354903_15315038.jpg
この二柱にお参りしてたら、めっちゃ猫が見てた(;゚;ж;゚;)ブッ
d0354903_15320045.jpg
猫と言えば、妹宅で野良猫が出産後に育児放棄したらしく、新たな子が増えた模様。
d0354903_15321064.jpg
めちゃくちゃ可愛らしいやないかい。
鼻筋を齧りたい(笑)( ΦωΦ )
そして
「ちょっと成長して耳が伸びた!」
と写真が。
d0354903_14153863.jpg
額のMもシャープになった気がするぞ(笑)。
男前になりそうな予感である✨
そんな、秋の色々2でした。
d0354903_15322188.jpg

アディオス( ΦωΦ )ノ

[PR]
# by tuchinoko-sha | 2018-11-01 22:24 | 雑記系 | Comments(0)