人気ブログランキング |

続・今更な春の徒然

皆さん、こんばんは( ΦωΦ )
今夜は昨夜の続編で、またもや今更な春の徒然雑記でも。
後半はエネルギーの話になったりします📝

例の花見後、アートリーダーのお宅に友と移動。
友はこの辺りに移住を計画しており、好きにしてよいと言われている畑に何か植えるつもりらしかった。
しかしその畑は元田んぼで、土も田土のままらしい。
一緒に何かやろうと言われていたし、適当な苗を持参していた楽水。
これまた持参していた長靴に履き替える。
d0354903_16414313.jpg
この日の朝に雨が上がったのだが、我が街でもよく降っていた。
元田んぼという事以外情報が無かったし、どんな畑なのか全くイメージ出来ず。
リーダーのキッチンを片付けてから苦土石灰とシャベル、苗を手にし、畑に向かうと友は既に何かをしていた。
「...え(笑)(´ΦωΦ)?」
d0354903_16451323.jpg
この地域に雨が如何程降ったのか分からんし、また普段どれくらいで水が引くのかも僕には分からぬ。
そして雨が降る度にこのような状態になるのか、この時はたまたまこんなコンディションだったのか、いちいち全てが不明。
分からぬ場所に乾燥気味を好む地中海沿岸出身のハーブを植えるわけにもいかず、土を見て
「...やめとこ( ΦωΦ )」
と思った😂
d0354903_16485946.jpg
リーダー宅の庭。
d0354903_16510179.jpg
数ヶ所に、持参した苗を忍ばせておいた😂

リーダーの一眼レフも一緒に、せっかくなので辺りを徘徊🚶
d0354903_17011271.jpg
この日は久々の一眼レフであった📷
リーダーのカメラには、風景や季節の草花を幾つか収めておいた😁
アングルが悪いが、ちょっとフォトジェニックだった枯れた眺め。
d0354903_17041381.jpg
ここは小川だが、何だか寂を感じてよい。
リーダー宅の石垣。
d0354903_17054410.jpg
色んなものが萌え出てくる頃合い、その多様性がちょっと楽しい😁
シダの芽もラブリー。
d0354903_17071050.jpg
何だ、この渋いコケは(笑)(°д° )
d0354903_17075810.jpg
どことなく動物的な野趣を感じ、陸上より海の生物っぽい雰囲気。
後で友に
「あの格好いいコケを見たかい( ΦωΦ )?」
と聞くと、
「アレ...怖い(((( °д°))))」
と言っていた😁
後から帰宅したリーダーにアレは何なのか聞くと、
「知らんねん、勝手に生えてきて~ん(ノ∀`)」
らしかった😂

リーダー宅の庭にも小鳥が🐦
d0354903_18180725.jpg
脚がリアルであった。
これはリーダーの作品の一つ。
d0354903_18185185.jpg
そして、無造作に置かれてあったどなたかの作品がナイス。
d0354903_18193266.jpg
めっちゃ楽水好み😼
これは何なのか不明だが、上部に蓋があり土瓶みたいな雰囲気。
各パーツ。
d0354903_18205676.jpg
いい感じであった🐟
この後花見メンバーのうち3名がやってきて、リーダーの代わりにコーヒーを淹れたり、また初対面の人が2人居たのでリーダーが自己紹介タイムを設けた。
僕は自己紹介が余り好きではなく、そもそもこれと言って紹介する事も思い浮かばないのだが、
「え、楽水です。
...衣・食・住・植物、...ですか( ΦωΦ )」
と訳のわからん事を口走った😂💫
そして裏千家のティーマイスターが迎えに来て下さったので、4人でお邪魔する事に🚗

到着。
d0354903_18282988.jpg
お茶の先生らしく、和風の素敵なお宅であった。
庭にはミツマタの木も。
d0354903_18310305.jpg
ここは先程の里山とは離れている別の街なのだが、自然もあり落ち着いた住宅街でした🏡🏡
渋い。
d0354903_18322997.jpg
落花にも艶を感じたり。
d0354903_18333217.jpg
庭や植物を紹介してもらい、写真を撮らせていただきました。
そして玄関を入ると
「...旅館でしょうか( ΦωΦ )?」
といった雰囲気。
d0354903_18352434.jpg
そして驚いたのだが、このお宅は基礎以外手作りらしかった(°д°)
外壁は漆喰、屋内は珪藻土らしかった。
そして更に、障子や襖が滑る溝の部分も手彫りらしくびっくり(笑)(°д° )!
d0354903_18371154.jpg

いよいよ茶室にお邪魔。
d0354903_18391274.jpg
床の間も、天井も、柱も炉も全てが手作り(笑)(( °д°)))ヒー
茶室に座って色んなエピソードを聞かせて頂いておったのだが、何かスースーと、隙間風とかでは無い流れを感じていた。
また茶室は一階なのに、一般的な一階より妙に地面から浮いているような感覚を感じていた。
その後ご主人の話を聞いていて何となく合点がいったのだが、湿気を溜めずに流すように、床下が普通の二倍の高さになっているらしかった(裏に池がある)。
そして外壁も二重構造で、床下を流れる風が壁の隙間を通り、そのまま上にも抜ける仕組みらしかった。
またスースー感はいわゆる気、エネルギーの流れなのだが、このエネルギーが独特な感じ。
池由来や地の気なのか、または龍脈などが通っている場所なのか、街では余り感じない力強いエネルギー。
建物が堰にならず、床下や壁の間から流れが抜けていくので、さながら力強いエネルギーの本流のど真ん中に居るような感覚。
マイスター曰く、気の先生かなんかそのような人が来た時、流れのあるよい気だと言われたらしかった。
マイスターお手製の練きりを頂く🍡
d0354903_18585093.jpg
上品なお味でした。
しかし僕の髪はスミレ色なので、そんなのが茶室に正座している姿はある意味シュールかと😂
そしてこれは初めて目にしたのだが、シュンランを用いた蘭茶😲オシャレー💕
d0354903_19051723.jpg
桜の塩漬けのように、白梅酢に漬けて保存されているそうな。
そして何時しか日も暮れて、マイスターに駅まで送って頂いて解散。
...やけに濃い春の一日であった😁

花見、和太鼓、徘徊...etcと続き、締めは素敵なお宅訪問。
しかし、この日はめちゃくちゃ疲れた。
その理由は里山で冷えたり、初対面の人が多かったというのもあるが、とどめは最後の独特なエネルギーかと。
僕は自分の根底に強いエネルギーがある事を知っているが、普段植木いじりや日常生活でそれを持ち出す必要はない😂
なのでパワフルなエネルギーに当たり(良い悪いは無いが、敢えて表現するなら悪い意味ではない)、めっちゃ眠くなった(笑)(σω-)ネム。о゚
例えば山の中では岩石だが、それらが川を流れて下ると何時しか小石や砂となる。
元は同じ質でも、軽さ重さ、荒さや細かさ、パワフルさや繊細さ...エネルギーの質はそのように形を変えているだけだろう。
そして帰宅途中も電車内や街のそれぞれ違いのあるエネルギーを感じながら、眠気で朦朧としながら帰宅。
ドアを開けて一歩入った瞬間、
「...軽ッ(;゚;ж;゚;)ブッ」
と自室のエネルギーの軽さに拍子抜けした😂
そして、
「そうそう、コレが僕にはしっくりくるんよな😼
...と言うか、うちのエネルギーってこんなに細かやかやったんか~(°д° )」
と、他所のエネルギーを体感してそれを自覚した、みたいな。
何だかユニークな一日だったのであった😁

この頃、うちのスミレも美しかった。
d0354903_19285569.jpg
そんなスミレの写真を見ていて、ふと目に留まったものがあった。
丸で囲んだ部分、スミレの花柄にひっつくような感じの幾つかの丸い光。
d0354903_19304580.jpg
これがスミレのエネルギーだったら面白いのにな~、と思ったのであった😼
d0354903_19313531.jpg

by tuchinoko-sha | 2017-05-25 19:33 | 雑記系