のらりくらり雑記(台風前後の色々編)

皆さん、こんばんは( ΦωΦ )
個人的にここ数年、秋は色んな出来事が起こったりしがちで、気分的にも追いつくのがやっと...という感じなのだが、例えばここ二年も忙殺されたり突拍子もない出来事により落ち着きのない日々を過ごし、気付いたら秋も終わろうとしていた(笑)。
しかし、今年の秋はスケジュール的に問題無しで安心していたのだが(吾輩はスケジュールが埋まれば埋まるほどイライラする)、問題はそこでは無かった模様。
...眠すぎるねん(笑)( `・ω・) ウーム…(σω-)。о゚グー
ちょっと洒落にならん眠気である。
普段テキパキやってるような事も疎かになるような眠気であり、居眠りをこきながら気付けば秋も終わろうとしているのかも知れない...(笑)(´ΦωΦ)🍁
そんな今夜は、なんか近頃のアレコレ(ノ∀`)

先の台風...24号だったか?
あの台風の前にベランダに残した方々。
「達者でな( ΦωΦ )ノ」
d0354903_18185655.jpg
結局肩透かしな台風だったから良かったが、これらは低くどっしりした鉢。
なんかダンゴムシの子供が生まれたみたいで、やけにうろちょろしていたから入れたく無かったのであった(笑)(´ΦωΦ)
そして室内、ハンギング仕様になるのはシクラメン。
d0354903_18190923.jpg
先日、近所でプランターに植えられているシクラメンを目にしたのだが、そこからつぼみが現れており、
「えっ...早ッ( ΦωΦ )!」
と思いまして候。
ハンギングはブーゲンビリア。
d0354903_18192485.jpg
ベランダ出入口だし、何度この鉢で頭を打ったことか...(笑)(´ΦωΦ)イタッ!

窓辺にはちびっ子たち。
d0354903_18194526.jpg
この流木は安定が悪いし、窓辺に設置する棚が欲しいなと思う。
そもそも流木はWi-Fiのモデムを隠したいから置いており、モデムはハウスの無料サービスだから有難く使用させてもらっているが、見た目も何だし、そこから放たれているエネルギー的にも
「...むー( ΦωΦ )!」
と言った感じである(どんな感じや)。
で、カラタネオガタマ。
d0354903_18195932.jpg
うちのひとは四季咲きカラタネオガタマであるが、取り入れる時に花びらが落ちている事に気付いた。
「...( ΦωΦ )?」
と思って観察すると、知らん間にコッソリとてっぺんに一輪開花していたようだった。
「ちょっとー、水臭いんちゃうー( ΦωΦ )?」
と物申しておいた(笑)。
で、曲げ中のエバーフレッシュ。
寝たら地味である。
d0354903_18201263.jpg
翌朝起きた図。
d0354903_18202455.jpg
鉢に海由来の石が増えたところ。

台風が来る前、ベランダに蛾が一匹。
d0354903_18203477.jpg
一応取り込もうとしたクワズイモだが、
「え、室内に入れるんですか(・ω・)!?」
と言った感じに、クワズイモの鉢に移動してきた。
多分シャチホコガの一味だろうが、
「しゃーないなー、嵐やからな~( ΦωΦ )」
とお宿を提供する事に。
気分は「民泊つちのこ」であるが、手を出したらサッ!と移動してきた( ̄m ̄)プッ
d0354903_18204605.jpg
カナブンとかもそうだが、こうして出した指や手に移動してくるのは習性的なものなのだろうか?
カナブンやセミなど、移動してからガシッとしがみつくが、だから風で枝が揺れても落ちないのだな...と思ったりする(笑)。
あんな細い脚なのに、彼らの脚力はなかなかである。
で、お客さんに移動してもらった。
d0354903_18205826.jpg
...なんだ、この哀愁を誘う後ろ姿は。
幻ちゃんかよ(;゚;ж;゚;)ブッ🌵
このお客さんは夜行性だったのか、多肉の間に頭を突っ込んで寝ていたのだが、夜になると部屋を飛行し始め、
「ちょっとー、お客さ~ん!小さい子はもう消灯だよー( ΦωΦ )」
と思っていたものであった🌃
しかし...。
台風の二日後にベランダ出口でお客さんの亡骸を発見し、ブーゲンビリアの鉢に埋葬しておいた(´д⊂)
因みに、エバーフレッシュ一号の鉢には老衰により他界したアダンソンハエトリ♀が埋まっている(笑)。

台風の日、荒れはしなかったが湿度は高めであったし、窓を閉めていても室内のドライハーブが香り出していた。
これは出窓の。
d0354903_18211244.jpg
台風の前日、海に寄ってハマゴウをちょろっと失敬してきたのだ(緑の)。
手前の白っぽくなっているのはクレベラントセージだが、どちらもシソ科だ。
背にしている窓辺から、そんな「科」を同じくする共通点のある香りが広がり、ハマゴウはセージではないのだが、しかし「肌の奥に流れる血液の中に共通するエッセンスを感じる」とでも言いたくなるような、そんな何かしらの近しいエッセンス、シソ科の魅力を香りにより感じたのであった(何が言いたいのか分からんように...)。

ちょっと前に撮った月。
d0354903_20484965.jpg
やけに味のある色に写った。
先の満月の日、夜中に目覚めたらハウスの前で明るく照っていた(網戸越し)。
d0354903_18212778.jpg
そして月は移動し、明け方に微妙な空の色と相まって味のある眺め。
d0354903_18213748.jpg
月と青色の表現は版画家の川瀬巴水氏の作品が好きだが、その青を思い出したりした。

神無月である。
カレンダーを捲り、
「おっ、ナラガシワか( ΦωΦ )?」
とちょっぴりエキサイト(笑)。
d0354903_18214984.jpg
カシワバはカシワを筆頭にアジサイやゴムなどあるが、この葉のフォルムが好みだ。
羽状複葉も捨て難いが(笑)( `・ω・) ウーム…
気になるのは11月の柄で(吾輩の誕生月)、パッと捲ってみて
「...( ΦωΦ )フッ💗」
となった。
d0354903_18215974.jpg
これはジュニパーではないのか(笑)?
ジュニパーは欠かしたくない精油であり、とか言いながら今切れているのだが、自分をサイドから支えて底上げしてくれる...そんなエネルギーを感じる大好きな精油なのであった。

さて、図書館でパッと見て借りた一冊。
d0354903_18221410.jpg
これは表紙だけ見て読んだ事がない一冊かと思ったのだが、初版ってこんな表紙やったんか(笑)。
アミシリーズの2巻だったのだが、ガッカリは一瞬で、手持ちのアミ本(1~3)は貸したまま戻らなかった2だけ抜けていたのだ。
これを改めて読みながら、確認したい事が出てきて手持ちの1を取り出したり(笑)。
d0354903_18222439.jpg
また、3も読み直してみたいなと思った。 
アミだが、個人的には実在してるとしか言い様がない感じなのだがな(笑)。
吾輩が見る夢は昔から大半が明晰夢なのだが、そこで覚えている限り二回はアミと会っているのだ(笑)。
イラストよりもうちょい成長して実写化したニュアンスだが、廻りが白く発光しているのだ。
アミ、ぼちぼち夢に出てきて欲しいなー(笑)( ΦωΦ )

ある日、友の森ガールと待ち合わせを。
森ガールは予定よりめちゃ早く着いて辺りを散策しており、駅からの道を吾輩に伝えてくれていた。
しかし、吾輩は正直方向音痴である。
「学校を左に曲がるのー(・∀・)」
と届いたメッセージ、学校を曲がろうとしたらこんな表示があり、
「...違うよな(´ΦωΦ)?」
と森ガールにいちいち問い合わせしていた(笑)。
d0354903_18224917.jpg
余談だが、またそのうち海編を書きたいのだが、それはそもそも登山しようと意気込んで出発したのだが、道に迷ってついに山にも辿り着かなかった...という悲しい海編である(;゚;ж;゚;)ブッ
待ち合わせ場所に近付き、植え込みの鮮やかな方々。
d0354903_18230159.jpg
待ち合わせ場所は高台で、ちょっと先の公園のグラウンドにて待機する吾輩。
ふと右手を見たら、離れた場所の道を下っていく女子の姿があり、
「...( ΦωΦ )?」
と思っていた。
後から確認するとそれは森ガールだったらしく、高台のてっぺんまで行って降りる道を間違って、変な場所を徘徊していたようだった( ̄m ̄)プッ
そんな事を知らず、吾輩は閑散としたグラウンドで待っていた(ノ∀`)
d0354903_18232275.jpg

待ち合わせた後だが、クリスタルボウルのヒーリングであった(笑)。
興味のあった森ガール、ようやく予定が合った日。
d0354903_18233565.jpg
今回は普段吾輩が参加する回と別の場所での開催で、それはチャリティーの小さなヒーリング系イベントであった。
普段クリスタルボウルは板の間で仰向けに寝て体感しているが、この時は普段より狭いスペースで和室だった。
しかしこの和室の音の響きがユニークだった。
また予約制でギリギリな人数が寝ているなか、何故か吾輩はタイミング的に座敷のど真ん中に位置しており、また周りは全員寝ているのに、一人だけ胡座をかいて瞑想しながら...というシュールな感じになってしまった( ̄m ̄)プッ
しかし時計回りに回転してくる音とか、音の圧とか、座ってるから分かりやすいアレコレを感じられてユニークだった( ΦωΦ )フッ✨
森ガールは
「何だかシャキーンとしたわ(`・ω・´*)ﻌﻌﻌ*」
と言っていた(笑)。
他のブース。
d0354903_18234642.jpg
サイキックタロットリーディング(¥500)とうのがあり、森ガールと一人ずつ見てもらった。
因みに吾輩、多分人にカードを引いて貰うのは初めてかと(笑)。
引く側なら分かるかと思うが、引いたら出たカードが色々と饒舌に語るわけで、何がどう...とかなくても、なんか余り人に自分を知られたくないなと思うのだ(笑)。
しかしそれも「コンフォートゾーンを打ち破る」みたいな感じでトライ。
しかしめちゃやりにくい客だったと思うが、
「質問は特にないんですけど...( ΦωΦ )」
という感じだった(笑)。
出たカード。
d0354903_18235691.jpg
すなわち「今の自分に」と取れるメッセージなカードたちだと思うが、サイキックタロットのデッキは見るのは初めて。
下の四枚は天使カードだが、右二枚はよく引くカードで馴染みがある感じ。
引いて貰ってからぽつぽつ話していたのだが、例えば僕がハーブ関連で何かしたいとする。
実際何かしたいのだが、この世界は一歩足を踏み込んだら最後...みたいな感じで、植物に関しては楽しみながらも一生学びだと思っている。
だからハーブに関してもまだまだというか、序の口にも達していない気がする。
しかしカードリーディングしてくれた方は
「私も最近始めたんですよ(・∀・)」
と言っていたし、まだまだと思えば終わりは無い気もするな…みたいな(笑)。
吾輩は射手座だからか「まだ究めねば」と感じてしまうのだが、究める前に死んでしまうんちゃうか、だから適当でええやんけ...みたいな事を思ったりもするのである(笑)。

いやっ、書き疲れて日付けが変わってるやないか(笑)(´ΦωΦ)
関係ないが、産直に蓮の実の...これら全体を何と呼ぶか知らんが、まぁそんな物があった(笑)。
d0354903_18240937.jpg
そして「紫太陽」!
d0354903_18241982.jpg
初めて見た頃よりしょんぼりしてるし、あろう事か蜘蛛の巣が掛かっていた(´ΦωΦ)
たまにこの店に寄った時、まず「紫太陽」を確認しに行くのだが(幻ちゃんの次に欲しい品種である)。
その度に
「応援してるで~(´ΦωΦ)」
とエールを送っている。
...誰か買ってくれや(笑)( ✧Д✧) カッ!!
サボテンに2000円オーバーはキツイので、吾輩は好きな品種の「秋映」を購って帰宅(笑)。
d0354903_18243093.jpg

これは最近目にしたハロウィンパーティーのメニューらしい。
d0354903_18243988.jpg
しかし、メニューの名前を見たら食欲が失せた(笑)。
ちょっと前に買ったユリはハズレだった。
全て開ききらなかったのだが、一輪だけ見事に開いてくれ、またその花の花弁が8枚だった(普通6枚)。
d0354903_18244852.jpg
こんな事はたまにあるが、「8」から湧いたインスピレーションは何故か法隆寺の「夢殿」で、小学生の頃遠足で法隆寺を訪問し、初めて見た夢殿に
「...!何これ!...住みたい( ΦωΦ )✨」
と感じた事を思い出した( ̄m ̄)プッ
あれは建物ではなく装置であろう。
今のユリ。
d0354903_18245753.jpg
香りが素晴らしいが、球根から一本真っ直ぐ伸びてきた先端、そこにいきなりこんな花々を咲かせるのがすごいと思いませんか?
d0354903_11550423.jpg
しかも、花の中でも誰にも負けないくらいアピールする香りを放ちながら。
個人的にユリはバラより好きなのだが、ユリは魂に近い=原初的情熱な感じがするなと思った。

アディオス( ΦωΦ )ノ

名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by tuchinoko-sha | 2018-10-05 00:30 | 雑記系 | Comments(0)