人気ブログランキング |

庭師便り(2018.2月・2)

皆さん、こんばんは( ΦωΦ )
こちらでは今夜~明け方まで春の嵐のようだが、雨は然程でもないものの、電線が風でゆらゆらし始めたところ。
風の予報を見たところ確か23mとか書いていた気がするのだが、去年の台風で根ごとひっくり返され、その後取りあえず元の状態に戻された園の木々は大丈夫だろうか(´ΦωΦ)
また海辺暮らしのお宅など、吹きさらしの風をストレートに浴びそうだな…と思ったり。
そんななか、少し前に僕の住処の辺りを
「いしやーきいもー...おいもー、おいもー」
と若干季節外れ&非常にレイジーな雰囲気の焼き芋屋が走っていた(;゚;ж;゚;)ブッ
そんな今夜は、2月の庭師便りの〆でも📝
初めに断っておくが、今回は生き物の亡骸の写真を貼ります( ΦωΦ )

ある日、シバザクラを植えている斜面の杭打ちを。
d0354903_18384812.jpg
散歩の犬が入りボロボロになるからだが、何かをして現場に行くと杭打ちは終わっていた。
なのでロープを縛っていったのだが、何時だったか元鳶職という来園者のオジサンが教えてくれた、たわまない紐の結び方が役立つ瞬間であった。
シバザクラがちょこちょこ咲いていました。
d0354903_18385535.jpg
メンバーの大半はバラ園の作業をしていたのだが、僕はこのまま江戸っ子と飄々オジサンと共にモミジの枝払いに。
d0354903_18390188.jpg
下にあるロウバイが陰になり、覆い被さる部分を切りました。
写真は、一輪車に乗せやすいように枝を適当な長さに切り分けている図。
そして、ノコギリ2丁とロープを取りあえず仕舞いに戻る。
d0354903_18390853.jpg

バラ園の作業は残っていたが、僕はハーブ畑の作業を。
枯れた葉を取り除いたり、ちょっと剪定したりと地味な作業をしていたのだが、何故かキッチンハーブのコーナーらへんにフキノトウの姿が(°д°)
d0354903_18392237.jpg
謎フキノトウである。
フキとか植えた覚えはないのに(ノ∀`)
こちらはホースラディッシュの新芽。
d0354903_18393056.jpg
まだかっちり締まったままだが、この春の嵐が過ぎるとおおらかな感じに伸びてくるかも。
そして、ハーブ畑のニューフェイス!
d0354903_18393825.jpg
ホワイトセージ( ΦωΦ )!
事務女子が植えてくれたのだが、これはテンションが上がる。
しかし事務女子は僕がホワイトセージ好きだとは知らなかったらしい( ̄m ̄)プッ

この日は園内ガイドだったが、人数が多い班だったので僕はパス。
ガイドは温室でした。
チランジアが開花中。
d0354903_18400190.jpg
これは上の写真とはまた別のチランジアだが、こちらも柔らかで優しいピンクが美しいです。
d0354903_18400699.jpg
また温室内で美しいのが、通路の足元にあって見過ごしがちなこのシダ。
d0354903_18401368.jpg
斑入りのシダなのであるが、インクを流した水面のようなマーブル具合、また色のコンビネーションが穏やかながらも印象的で美しいです。

さて、冒頭で断りを入れた生き物の亡骸である。
休憩中に定位置で一服してたら、木々の向こうに来園者が数名集まって何かをしているようだった。
休憩室に戻ると
「お客さんが、ベンチの上でカラスの死体に花を手向けとったで|ω・)」
と飄々オジサン。
「あー、テーダ松の向こう辺りやろ?なんかお客さん集まっとった!...僕も行ってくる( ΦωΦ )」
と、僕もそちらに向かいながら途中スイセンを手折って。
d0354903_18402096.jpg
本当に美しい。
来園者は、言わば勝手に園内のサザンカを折って手向けていたわけだが、もはやそんな事はどうでもよく、花を手向けようという気持ちが問題だ。
カラス同様その気持ちも美しいと感じるし、人によっては亡骸を邪険に扱ったり、単に気持ち悪いと思って通り過ぎるかも知れないし。
d0354903_18402562.jpg
保健所に連絡は入れたが、外傷は無くまだ死後硬直もしていなかった。
しばらくすると、周囲の木々に仲間のカラスが集って騒いでいた。
カラスも仲間の死を理解しているのだろう。
そんな、ちょっとした園内での印象的な出来事でした。

また、アジサイの施肥をば。
数が多いし範囲も広いので、予めクワで周囲を軽く起こしていきました。
d0354903_18403904.jpg
そしてアジサイの枯れ枝でズバッと手を切ったのだが、
「まさかアジサイにやられるとは(´ΦωΦ)」
と自分の不注意を棚に上げ、ちょっとアジサイの仕業みたいな事を思ってしまった(笑)。
肥料はこちら。
d0354903_18404410.jpg
色々ブレンド的な肥料だが、正直...臭い( ̄m ̄)プッ
川を挟んで片側をやったので、反対側のクワ係は飄々オジサンにチェンジ。
d0354903_18405095.jpg
そして橋の向こう側のアジサイ園では、江戸っ子と柵の内側の施肥を担当した。
d0354903_18405733.jpg
背景と同化して分かりにくいが、こんなドライアジサイが落ちていた。
d0354903_18410287.jpg
すっかり葉脈だけになり、これもこれで美しい。
今思うと捨てた記憶が無いので、多分写真を撮った後にその辺の茂みに置いた気がする(笑)。
また、川の石垣からは可愛らしいツタバウンランが。
d0354903_18410765.jpg
イキイキしててよい緑。
冬の園の人口滝。
d0354903_18411150.jpg
ザーザー流れる水音を背に、コツコツと余りよろしくない香りの肥料を施していきました( ̄m ̄)プッ
そして、道具も洗ってずらりと並べて。
d0354903_18412126.jpg

そんなこんなの、2月の庭師便り〆記事。
ラストはオフィスから清らかな雰囲気のランを。
d0354903_18412815.jpg
アディオス( ΦωΦ )ノ

by tuchinoko-sha | 2018-02-28 23:23 | 植物&ガーデニング系

gallery「空模様14」

d0354903_18570476.jpg

d0354903_19050314.jpg

d0354903_19051204.jpg

d0354903_19051645.jpg

d0354903_19052005.jpg

d0354903_17355783.jpg

d0354903_17360131.jpg

d0354903_17361359.jpg

d0354903_17361907.jpg

d0354903_17362331.jpg



by tuchinoko-sha | 2018-02-27 22:47 | 写真系

庭師便り(2018.2月・1)

皆さん、こんばんは( ΦωΦ )
今日の関西は過ごしやすい陽気だったが、水・木と春の嵐がやってくるそうな?
それが過ぎたらぐっと春に近付いた気がするだろうか。
そんな今夜は、今月の庭師便り1で温かい温室の模様をメインに綴りたい📝

この日は朝から雨で、予定していた作業も色々と延期に。
「あらー、あなた雨の中頑張って来たのね(≧∀≦)」
とか(天気は関係ないだろ)、
「アンタが来な楽しくない( `・ω・)」
と朝から皆におだてられ、そのわりに雨をいいことに気楽にサボってフラフラする僕はならず者であった(笑)( ΦωΦ )
作業のメインは温室で。
d0354903_17195139.jpg
温かい!
夏場はたまらんが、冬の温室は楽園だ。
金のなる木も花盛り。
d0354903_17195945.jpg
奥にはかなりの大株もあるが、何故か小さい方を撮ってしまった。
温室内に樹名プレートを付けていきました。
飄々オジサンと江戸っ子、そして僕は安定のお気楽トリオである。
d0354903_17200620.jpg
ちょっとレアなものが開花しておりました。
高い場所にて開花中で、皆さんに見せたいので脚立に乗って撮影してみた。
この赤~オレンジ色の花。
d0354903_17201413.jpg
更ににじり寄る。
これはカエンボクという植物だが、カエンは火炎。
まさに炎のような、インパクトのある大輪の姿が目を惹きます。
これは世界三大花木のうちの一つで、ノウゼンカズラ科の植物。
d0354903_17202331.jpg
真ん中のバナナのような部分がつぼみで、それが順番に開いていく感じか。
d0354903_17202942.jpg
ノウゼンカズラとの共通点はパッと見は花色だが、まさに温室に相応しいようなゴージャスな花。
三大花木のその他二つはジャカランダとホウオウボクみたいだが、カエンボクとホウオウボクは色は同系色、逆にジャカランダの澄んだ紫を頭の中で並べると意外な感じ。
ジャカランダは花だけではなく羽状複葉の葉も大変美しいし、園内のジャカランダも開花が待ち遠しい。
全く咲かないのだが、課長がちょっと開花の為に必要なお世話をしたらしく、過剰な期待はしないものの、やはり...待ち遠しいのであった(〃ω〃)

温室内のモンステラだが、根がとてもワイルド。
d0354903_17203523.jpg
原生地では、きっとこのような姿が当たり前なんだろうなと思う。
これは小さめの葉だが、それでもこれくらい。
d0354903_17205029.jpg
うちのセロームさんも、原生地ではもっと勢いよく伸びやかに育つんだろうな(笑)(´ΦωΦ)
撮り忘れたが、モンステラは結実していた。
これは熱帯地域の宮廷料理などに登場する歴史があるらしく、しかし可食部が少ないようだった(アーティチョークみたいな感じかな?)。
温室は通路が土より高くなっているのだが、中に入って枯葉除去や剪定を。
白飛びしてしまった。
d0354903_17204588.jpg
これはこの方でした。
d0354903_17205748.jpg
僕の近所で、家の両脇にドーンとでっかい鉢でゴクラクチョウカを植えているお宅があるのだが、外なので寒さに当たって枯れてしまっている(逆に案外タフだなと思いながら)。
切り戻せよ...と通る度に言いたくなるのだが、さすが温室内では年中続々と開花している。

こちらは、古代エジプトで紙の素材になっていたパピルス。
パピルス紙ってありますね( ΦωΦ )
d0354903_17210347.jpg
個人的に子供の頃から馴染みがあるのだが、何故なら、何故だか知らんが小学校の池に植えられていたのであった( ̄m ̄)プッ
とてもエキゾチックな雰囲気を感じ、小学生時代は密かに興味を惹かれる植物であった。
こちらはワイルドなガジュマル。
d0354903_17211079.jpg
夜の温室を、ランタンの灯りでフラフラしたいなという気にさせてくれる存在感。
また、こちらは辺りを一気に明るくしてくれるようなミックスカラーなクロトン。
d0354903_17211554.jpg
これは見ていて飽きないユニークさだ。
レックスベゴニアにも似た魅力を感じるが、葉だけでこれだけ存在感を放つ姿につい観賞したくなる。
またこちらは別エリアにて、名前を知らんナニカ(笑)。
d0354903_17212146.jpg
とても良い赤( ΦωΦ )!
鮮やかで透明感も感じられ、個人的には元気が出るような赤であります。
また、いつぞや紹介したモードなアマリリス。
d0354903_17212616.jpg
温室内でも咲いております。
...今思い出したが、うちの炊飯器は炊き上がると「アマリリス」のメロディーを奏でます(ノ∀`)
そんな、温室の色々。

この日はまともに作業しておらず、それは僕が特別サボっていたからでもあるし、また元々暇だったのであるのだが(笑)( ΦωΦ )!
この空いた時間を使ってミーティングなどをし、僕は参加しない行事で直接関係がなかったし、皆の話を聞きながらカタログを見ていた。
これはアスター。
d0354903_17214388.jpg
...ちょっと惹かれる( ΦωΦ )
またランを特集したページがあり、
「...むっ( ΦωΦ )!」
と一人まじまじと眺める。
d0354903_17214989.jpg
...高いねん(笑)(・д・)チッ
これはカトレア特集みたいだったが、画質を落としているからよく分からないかも知れないが、個人的には左の列の一番上、そして同じ列の上から三番目がいいな。
というか、どれもいい(ノ∀`)クレ!
この日、我が友の森ガールがチーム引退の挨拶をしたり、皆でティータイムがてら森ガールの活動の話を聞いたり。
彼女は僕が誘って二年所属していたが、春から里山に引っ越し、休みの日は里山田舎暮らしを始めるのであった。
とにかく昔から常に多忙なので、彼女曰く初めて訪れた際に「魂が震えた」土地で、色んな意味でナチュラルな暮らしをやってほしいなと。
そんな、普段以上にゆるい感じの庭師便り1でありました。
ラストは温室より、バスケット仕立ての可愛らしい多肉植物をば。
d0354903_17215335.jpg
アディオス( ΦωΦ )ノ

by tuchinoko-sha | 2018-02-26 22:26 | 植物&ガーデニング系

植物徒然(2018.2月・2)

皆さん、こんばんは( ΦωΦ )
今日は風も穏やかな日曜日だったが、庭師作業でなんだか足腰が痛く、朝洗濯してから結局半日以上ゴロゴロして過ごしてしまった。
そういうのはだらしがない感じがして余り好きではないが、まぁたまには良かろう…と思いつつ。
よく寝たがまだまだ眠い。
アイスの試食とかしてる夢を見てしまった(〃ω〃)
しとしと雨が降る今夜は、うちの植物の記録の今月の〆でも📝

ある日、窓辺にゼラニウムを並べて日光浴。
d0354903_19151025.jpg
左が品種不明のオーソドックスな白、右が養生中のカリオペ・ダークレッド。
白の柔らかな丸葉が可愛らしい。
d0354903_19151604.jpg
花も丸っこくて可愛らしい( ΦωΦ )
d0354903_19152342.jpg
これは寒さに当たるとほんのりピンクになるのだが、この冬は室内管理なので花は白のまま。
こちらは園の事務女子がくれたシュガーバイン。
d0354903_19153753.jpg
その鉢からキノコが生えました( ̄m ̄)プッ
d0354903_19154322.jpg
この鉢は底面給水だったが、水を溜めずに普通に水やりしております。

次は多肉で、最近の「星の王子」の姿を。
d0354903_19155198.jpg
これは横から見た姿だが、陽当たりが良ければ良い程、葉と葉の隙間が詰まるそうな。
d0354903_19155887.jpg
以前ベランダで管理していた頃より今の方が陽当たりが良いので、これから伸びる分は変化してくるかも?
こちらは「星の乙女」。
d0354903_19160670.jpg
正月に森ガールに挿し穂を貰って挿していたが、てっぺんから脇芽が現れた。
こちらは「白牡丹」。
d0354903_19161334.jpg
新しい子株が育ち中。
そのうち皆に追肥せねばならぬ。
そして花芽もアピールしてきました。
d0354903_19161894.jpg
こちらは先日108円で入手した「ゴーラム」。
d0354903_21204703.jpg
真ん中から新たな葉が現れたり、エッジが赤く色付いてきました。
こちらも同時に入手した「黒法師」。
d0354903_21211705.jpg
多分、買った時より元気が出てきた気がする。
販売されていた場所は曇りガラス越しにほんのり陽が当たる感じだったし、多分陽当たりが良くなったからかも。
実際に太陽の方を向くように樹形が傾いてきた。

次はベランダにて。
パンジーさんたち。
d0354903_17190690.jpg
ボルドーのコンビネーションの方はしばらく一輪咲いた状態のままだが、なかなか立派。
d0354903_17191019.jpg
10cm近くあった。
逆さハートみたいで可愛らしい。
d0354903_19164991.jpg
色からイメージするのは、ブルーベリーチーズケーキとかスイーツ系( ̄m ̄)プッ
さて、サボテン「幻楽」の幻ちゃんの鉢から勝手に生えてきたスミレだが、恐る恐る抜いてパンジーたちの後ろに移植した(´ΦωΦ)ドキドキ
最近うち経由で嫁に出たスミレが、僕が越してから枯れた…と2名に聞いた(´・ω・)ソンナ...
d0354903_19165461.jpg
このスミレ、もはや頼みの綱である。
「幻ちゃん、お友達は引越しやで( ΦωΦ )」
とか言いながら移植して数日経過したが、葉も緑のままだし大丈夫っぽいε-( ΦωΦ )ホッ

そんな幻ちゃんだが、気のせいか歪んできたような気もする(笑)(´ΦωΦ)ヒヤヒヤ
d0354903_19165833.jpg
何となく真っ直ぐではないような( `・ω・) ウーム…
そしてセロームの親株から現れた葉はツヤツヤで、現在はほぼ開いた状態。
d0354903_22272829.jpg
例の謎の双葉だが、ちょっと育って葉柄が伸びたものの相変わらず双葉(笑)(´ΦωΦ)
そしてラストはデンドロビウム。
まだ開いていないつぼみもあるし、ぎっしり咲いてくれて見頃が長くて嬉しいのであった。
d0354903_21204353.jpg
アディオス( ΦωΦ )ノ

by tuchinoko-sha | 2018-02-25 23:00 | 植物&ガーデニング系

gallery「plants2」

d0354903_18134535.jpg

d0354903_18135483.jpg

d0354903_18140348.jpg

d0354903_18141432.jpg

d0354903_18141965.jpg

d0354903_18142954.jpg

d0354903_18142412.jpg

d0354903_18144353.jpg

d0354903_18145127.jpg

d0354903_18151229.jpg



by tuchinoko-sha | 2018-02-24 06:10 | 写真系

「coastal living cats」/ 詩

d0354903_10423810.jpg

日没前の海を訪れる

人影もまばらに

額に収められた 風景画

そんな世界を

歩んでいるような気がして

d0354903_10425457.jpg

草の上に 海辺暮らしの猫

まだ寒い日は続くけど

「僕たち一緒なら、なんの問題もないよね」

そんな囁きが 微風に乗って届きそうな

穏やかに丸い 眠り猫

d0354903_10425945.jpg

夕凪に

世界も静まり

これから始まる 夜の支度を

丁寧に始めている気配

d0354903_10430380.jpg

猫たちも 人々も

木々や 草花たちも

みな揃って 春を待っている

それにはまだ少し

昇る陽を迎え 沈む陽を見送り

ゆるりと回る季節の歯車を

ぼんやりと 見守りながら

d0354903_10430897.jpg


猫の日によせて


ほっとフォトコンテスト















ほっとフォトコンテスト








ほっとフォトコンテスト





by tuchinoko-sha | 2018-02-22 11:02 | 文芸系

皆さん、こんばんは( ΦωΦ )
今日も比較的風が穏やかで、スズメたちの鳴き声が愛らしい一日でありました。
単にチュンチュンではなくスズメも色んな鳴き方をするもので、そんな声を聞いていると泉鏡花の「二、三羽--十二、三羽」というスズメに対する愛情を感じる散文を思い出したり。
そんな今夜は、前々回の「食材調達編」の続編としてそれらを用いて調理した記録をば📝

これは、園からちょっと収穫してきたもの。
d0354903_22474382.jpg
サラダバーネットとミニキャロットの葉です。
サラダバーネットはキュウリに似た風味がします。
ミニキャロットは三本ほど収穫してきたので、それらを用いてサラダプレートを。
d0354903_22474993.jpg
ドレッシングは以前記事で紹介したレモンピールとローゼルのジャムを使って、写真では余り分からないがピジョンブラッドなルビー的なソースっぽく。

さて、食材調達編に出てきた素材を用い、これまたワンプレートに。
あの魚皿は活躍しています( ΦωΦ )
d0354903_22481283.jpg
下の黒っぽいのはオリーブオイルでソテーした椎茸で、タンパク質を求めてゆで卵とアボカドを。
包丁の切れが悪く、ゆで卵のエッジがズタズタになってしまったが(〃ω〃)
自宅では95%菜食と書いたが、その他はたまにチーズや卵、ヨーグルトなどを。
これはおから。
d0354903_22482026.jpg
菜の花と共に、こちらを炊いてブレンド。
d0354903_22482806.jpg
優しい風味が良かった。
そしてぐるぐるビーツが可愛い。
d0354903_22485892.jpg
このビーツの残りはゴボウやタマネギと炒め、真っ赤なスープを作ったり。
d0354903_22484163.jpg
そしてそのスープを用い、赤いリゾットにしてみたり。
d0354903_22490526.jpg
ちょっとバターを乗せてみました。

次は全粒粉パスタだが、湯がいている途中から予想外な香りが。
何だかナツメグとシナモンみたいな香りがし、パスタからも同じ風味を感じた。
「全粒粉パスタってこんな風味なのか…(°д° )」
と思った僕はシナモンが苦手なのだが、この時はトマトソースだった。
d0354903_22491657.jpg
粉つけて揚げ焼きした里芋入り。
トマトソースはちょっとミスマッチだった。
僕が単なる勘から感じるに、癖のある全粒粉パスタに合いそうなのはポルチーニのクリームソース、また香ばしくローストしたナッツと相性が良さそうだなと。
あとはペペロンチーノ。
後日、市販のナッツドレッシングにブラックペッパーやりんご酢などを合わせて加工し、新タマネギと茎わかめと一緒にパスタサラダに。
d0354903_14174414.jpg
これはトマトソースより良かった。
またドライのポルチーニなど常備していないので、こちらも市販ソースを買ってみた。
d0354903_21324247.jpg
これはまだ試してないが、合いそうな気がする...多分( ̄m ̄)プッ

こちらは先程のおからを付け合せに、失敗したいなり寿司。
d0354903_22493570.jpg
揚げが破れ、また更に破れそうだったのできっちり開かなかった(〃ω〃)
緑なのはアボカド×ナッツドレッシング。
酢飯の残りで、こちらはばら寿司。
d0354903_22492771.jpg
ここでも、食材調達で入手した菜の花と椎茸が活躍致しました( ΦωΦ )
また茎わかめは同じく調達した菊菜と合わせて和風パスタに。
d0354903_22494640.jpg

そして奈良漬の酒粕に漬けていたサゴシだが、一週間寝かせて焼いてみました。
d0354903_00045375.jpg
ご飯によく合ったし、しっかり味が浸透して美味かったです。
またイサギが安かったので、↑のサゴシの前に珍しく魚をいただいてみようかと思った時のひと皿。
園から収穫したローズマリー、そしてローズマリーパウダーとハーブソルトを用いて香草焼きに。
魚を取り出したフライパンで、自家製塩レモンに醤油少々でソースを作ってかけたので、レモンのスッキリした風味が加わって良かったです。
d0354903_22495180.jpg
...因みにサラダの黄色とオレンジ部分だが、これはパックされていたサラダを買ってきたものです(〃ω〃)
そんなこんなの、楽水飯。
音楽を流しながら調理するのが心地よかったりするのであります。

アディオス( ΦωΦ )ノ

by tuchinoko-sha | 2018-02-21 23:23 | 雑記系

のらりくらり雑記(海編5)

皆さん、こんばんは( ΦωΦ )
今日は風も比較的穏やか、気温的にもやや春っぽい一日でありました。
しかし花粉で鼻がグズグズだし、何だか心身共にレイジーな感じだった。
それでもちょっと嬉しい知らせが届いたりもし、夕食前に辺りをウォーク&ランしてみたり。
...2kmくらいやけど(〃ω〃)
そんな今夜は食材調達の続編といきたいところだが、何だか無性に海の話題が書きたい気分なので海アレコレをば( ̄m ̄)プッ📝
海気分なのであった。

ある時、大潮の干潮だった。
「おー、引いてるー( ΦωΦ )!」
とか思いながらフラフラ。
d0354903_18461753.jpg
海藻がいっぱい漂っていたりも。
d0354903_18463793.jpg
これは...食えぬのだろうか(笑)?
また普段は海面下の場所にフジツボの姿。
d0354903_18470714.jpg
初め干潮と知らず、何らかの理由で波打ち際の地形が変わったのかと思ってしまった(〃д〃)
d0354903_18471644.jpg
太陽が隠れて薄日が射しているだけの状態になると、やはりヒシヒシと寒さを感じる。
しかしそんな時、水面の微妙な色合いが美しい。
d0354903_18472559.jpg
淡く照りながら、水銀のような揺らぎを見せる味のある美かと。
写真ではその美しさが伝えきれないのが残念。
で、この日はものすごく風が強かった。
瞬間風速なんぼやねん…と言いたくなるような風で、いつの間にかコートのポケットに入れたはずの収穫袋が風にさらわれて...。
海を散らかしてしまいました(´д⊂)スンマセン
もう砂はバチバチ飛んでくるし、この日はさっさと撤収した。

また別の日、この時も大潮の干潮でした。
先程貼った写真とは別の浜にて。
「うむ...引いてる( ΦωΦ )」
d0354903_18473689.jpg
タイミング的にビーチコーミングの収穫は特に期待していなかったので、まず行きは普段は水面下で歩けない波打ち際を歩む。
ここも普段は海の中。
d0354903_18474561.jpg
海藻の姿も露に。
d0354903_18475871.jpg
...食べれそうな気がする(笑)。
ここも普段は海の中。
d0354903_18480655.jpg
ちょっとした非日常感が楽しい。
しかし、見るからに滑りそうなブロック(°д°)
d0354903_18481435.jpg
海の植物も美しいです。
d0354903_18482059.jpg
こちらは露になったマツバガイたち。
d0354903_18482748.jpg
この貝は育つのに時間がかかるらしく、だから一気に獲るのはタブーらしい。
山菜と同じだな。
このマツバガイだが、海中で移動している時の姿がたまならくラブリー。
美味いらしいのだが、ちょっと可哀想で食べる気にはならないのであった( ̄m ̄)プッ

さて、Uターンして帰りは満潮線辺りを歩む。
この場所には普段ナミマガシワは余り無いのだが、この時はわりと落ちていた。
d0354903_18483878.jpg
↑の「‼」だが、撮った写真を見て気が付いた。
すっかりナミマガシワモードになっていたから気付かなかったが、タカラガイがあった模様(笑)(´ΦωΦ)
ナミマガシワはこんな風に点在している。
d0354903_18484567.jpg
中には丸出しで見付けやすいものも。
d0354903_18485182.jpg
「ナミマガシワ検定」というものがあれば、僕は3級くらいではないか?と思ったりするのだが、ほぼ砂に埋もれていても見付け、また突然振り返った視線の先に発見したりし、そんな時はセンサーがナミマガシワにまっしぐらなんだなと思う。
だから側にあるタカラガイを見落とすのだ(笑)。
しかし、個人的にこの日一番の収穫がコレ!
d0354903_18485680.jpg
何らかの猛禽類の羽だ。
トンビかな?
丁度頭上でカラスがカーカー鳴いており、
「なぁ、羽落ちてないかな( ΦωΦ )!?」
と心の中でカラスに話しかけ、数歩歩いて何故か突然しゃがんだ足元にて発見。
ま、そんな感じで鼻水すすりながら、寒さにもめげず徘徊という名のウォーキングをし、ビーチコーミングという狩りを楽しんで。
しかし寒さにより手指の感覚がおかしくなり、指が曲げにくいし赤くなって腫れている気が...。
「なー、これ何やろ(´ΦωΦ)?」
とパートナーに写真を見せたら
「霜焼けっぽいやん(´・ω・`)?」
と返ってきた。
「これが霜焼けかーッ(°д° )!」
と驚いたが、人生初の霜焼けである。
気温・湿度・風速を入力すると体感温度を出してくれるサイトがあるのだが、そもそも手指に違和感を感じ始めた日の体感温度は-16℃だった(海に居た)。
素手でフラフラしていたので、園芸用のピッタリした手袋でもしとけば良かったなと思った(笑)(´ΦωΦ)
しかし寒さにまつわる色々より、海の清々しさと徘徊の楽しみの方が勝るのであった。
疑問に感じた事や興味を抱いたものとか、例えば貝の種類なんかだが、そうして経験を通して学びに繋がっていくところも楽しい。
興味があるからこそ、だと思う。

さて、この日集めたナミマガシワ。
塩抜きして洗って干し、ざっと並べた姿。
d0354903_18490252.jpg
中には穴が空いたものとか、透明感が無いものとか、わざとクラフト用に集めたものも混じってます。
しかし大潮の干潮で期待してなかったが、数えたら66枚あった。
ナミマガシワは大変美しい貝で、僕は美しいものには目がない系でもある。
しかし僕が感じる美しさは世間一般でいう美しさとズレてる事も多々あるのだが、例えばそれは朽ちの美を感じる枯れた花だったりする。
だから個人的には、こんなナチュラルなナミマガシワも好きだったりする。
d0354903_18490765.jpg
これらはクラフト用に。
また、シーグラスも。
d0354903_18491271.jpg
こちらは約80個。
今白ばかり使ってクラフトしてるので、ちょっとした素材調達でありました。
...次は、小潮の時に行ってみたい( ΦωΦ )
d0354903_18491882.jpg
アディオス( ΦωΦ )ノ

by tuchinoko-sha | 2018-02-20 23:23 | 海系

皆さん、こんばんは( ΦωΦ )
近頃は夕暮れの空の色も美しく雰囲気が変わって感じられるし、冷え込んでも以前の寒波ほどでもなく、また訪れる寒気もスパンが短くなってきたような。
それもそのはず、今日から暦では雨水であった。
こう春の気配がじわじわと感じられてくるなか、
「しまった、今季ロングブーツを一回も履いてなかったわい(´ΦωΦ)」
と思ったり。
何にでも合わせやすく、何処に行くにも気兼ねなく履ける…というタイプではなく、ちょっとグラムロックな気配を感じるアブノーマルな一足。
また今年は、以前記事で写真を貼ったファーの付け襟も出したのに存在を忘れており、
「...ぐぬぬ(´ΦωΦ)💫」
となったりしたのであった。
普段徒歩移動が多く、また歩く事を意識したり(余談だが自転車の鍵を紛失した)。
だからスニーカーばかり履いているのだが、今夜はそんなスニーカーを履いて地道にコツコツ歩いた日の話題をば📝

これは既に一ヶ月くらい前だったのではないか…と思うが、ある日リュックを背負って道の駅的な施設に向かった。
僕は兵庫県民だが、県内の野菜や加工品をメインに様々な商品が揃う店舗があると知り、道の駅とかは大好きなので見学がてら買い物に出向いたのでありました。
妹宅に滞在中も、何度か農協の店舗的な施設にクロスバイクで訪問したりした。
そんな店舗や施設に並ぶ品の地産地消ニュアンスが好きだし、また新鮮で安かったり、そこらのスーパーではあまり見かけないものが混じっていたりと楽しいものです( ΦωΦ )

強風で寒かったが、到着する頃にはネックウォーマーをむしり取りたいくらい暑く感じた(笑)。
猫舌なりに熱い食べ物を食べたり、ちょっと走ったりするとすぐ暑くなるし、これは代謝が良いのではないか…と嬉しく感じるひと時( ̄m ̄)プッ
施設に到着間際、道端にスミレの姿が!
「おおっ、もうスミレちゃんがッ(°д°)!!」
と突如しゃがみ込んで写真を撮る僕は「なんちゃってスミレ愛好家」である。
d0354903_18251574.jpg
「かわゆいニャー( ΦωΦ )✨」
と撮り終えて立ち上がると、道の向こう側を歩いていたオジサンにめっちゃ見られていた(〃ω〃)
位置的に撮りにくいし影になるから断念したが、もう少し濃い紫の株もありました。
で、到着して店内の一角。
d0354903_18252489.jpg
見た感じ兵庫県産より他県の商品(近県産)が多い気がしたが、やはりそこらのスーパーには無い楽しさを感じる。
d0354903_18253201.jpg
その割に食品コーナーの写真はこれだけなのだが(撮っていいか不明だったので)、陳列されている商品を眺めながら
「これはさっきの〇〇と一緒に合わせたいな」
とか、全て目分量+技術が伴わぬ「なんちゃって調理師」としては勝手に脳内でイメージするのも楽しい。
勝手だから楽しい( ΦωΦ )フッ

また施設内には園芸コーナーが少し。
このコーナーに気付いたおかげで、鮮魚コーナーを全く見ていなかった事に後から気付いた。
また自宅では95%菜食の僕は、精肉コーナーの存在すら頭に無かった(笑)。
園芸コーナーを覗く。
d0354903_18261790.jpg
多肉たちが77円!
安い。
しかし特別欲しいものが無かったので手は出さず。
まとめて1080円!
d0354903_18254706.jpg
...なんと大雑把というか、大胆な(ノ∀`)
このユーフォルビアは格好良かった!
d0354903_18262605.jpg
斑入りが好きなので惹かれたがちと高いし、めっちゃ元気にも見えなかった。
また多肉は素人同然だし、知識がないから相場も分からないのである。
またチランジアがちょっとだけ売っていたが、チランジアは小さくてもやはり高いな( `・ω・)
そんな小型に混じり、ミディアムサイズなキセログラフィカが二点混じっていた(°д°)
めっちゃ迷ったが、そもそも僕は野菜を買いにやって来たのである(笑)。
2500円と微妙な値段だったが(特に高くはないかと)、後ろ髪を引かれつつ諦めて。
で、タイトルも「食材調達編」なのに食品の写真がろくに出ていないわけだが、それなりに買い物をして、リュックからバケットを飛び出させながら再びコツコツ歩いて帰宅しました(〃ω〃)

帰宅。
この日のお買い物は、まず前から興味があった多肉の「ゴーラム」。
d0354903_18263370.jpg
108円とお買い得(笑)(*ΦωΦ)
現在はエッジが赤くなってきております。
また、350円くらいだった「サンシモン(黒法師)」
d0354903_18264104.jpg
これは昔枯らしたのでリベンジだが、幾つか並んでいた全部が何となく元気薄だった。
カラッカラだったのでガッツリ水をやり、枯れた下葉や萎れている葉を取り除いた。
現在南向きの出窓に居るが、買った時より若干シャキッとしてきた気もする。
あと、可愛らしいピンクのランの切り花。
d0354903_18264724.jpg
こちらは二本で180円でした。
かなりシュンとしてきたが、未だに花瓶の中で頑張ってくれております。

...野菜を買いに行ったのではないのか?と自分に突っ込みたいが、植物は事故みたいなもんである。
食材も購入しました( ΦωΦ )
d0354903_18265440.jpg
ルッコラやビーツ、椎茸、菜の花、菊菜など。
何か手のひらサイズで可愛かったので、おやつに和菓子も(〃ω〃)
d0354903_18265997.jpg
こちらはラスト一本だった、見るからに美味そうなバケット(バケット大好きである)。
後から検索したら、兵庫県内で栽培した小麦+国産小麦を全粒粉にして焼いたパンらしかった。
そして全粒粉のパスタ。
d0354903_18270512.jpg
もはやパスタは兵庫県と全く関係ない(;゚;ж;゚;)ブッ
そして、好物の高野豆腐と美味そうだったオカラ。
d0354903_18271284.jpg
以上、遠征でのお買い物でありました。

ここからは後日。
「そこらのスーパー」とかで購入した品々。
これは近くの八百屋由来だが、こんな風に曲がったり傷物を普通に売ってるのが好印象。
d0354903_18272168.jpg
またその分安いし、ナスは100円だった。
ハウスではなく、いかにも「そこら辺で作りました」な感じがいいし、ナスは味噌汁やパスタに使用したけど露地物っぽい感じだった。

こちらはまた別のスーパーで。
たまに食べたくなる奈良漬。
奈良漬は「多聞漬」がダントツに好みで、個人的にはキングオブ奈良漬だと感じている( ̄m ̄)プッ
その点、先日園の課長とも話が合った。
こちらは別のメーカーの奈良漬です。
d0354903_18273340.jpg
奈良漬は実体に(これはウリ)酒粕がベッタリなので、この酒粕をリサイクルする為だけに魚の切り身を購入。
d0354903_18273914.jpg
サゴシでした。
この切り身に、奈良漬から取り除いた酒粕を満遍なく塗りたくって冷蔵庫で寝かせる。
d0354903_18274778.jpg
個人的には一週間くらい寝かせます。
また、好きな茎わかめを見つけて購入。
d0354903_18275330.jpg
海藻が旬で出始めると、春になってきたなと感じるものです。

そんなこんなの、植物に脱線しまくりな食材調達編。
続編では調理の模様を綴りたい。
ラストは、園由来のスイセンとピンクのランのコラボレーション。
d0354903_18275990.jpg
アディオス( ΦωΦ )ノ

by tuchinoko-sha | 2018-02-19 22:12 | 雑記系

gallery「空模様13」

d0354903_14133786.jpg

d0354903_14134257.jpg

d0354903_14135282.jpg

d0354903_15324357.jpg

d0354903_18564159.jpg

d0354903_18564546.jpg

d0354903_18565071.jpg

d0354903_18565425.jpg

d0354903_18565907.jpg

d0354903_18570819.jpg

by tuchinoko-sha | 2018-02-17 17:56 | 写真系